【中世風小説】Papillon 4

投稿日:2010/01/27 17:06:36 | 文字数:2,566文字 | 閲覧数:246 | カテゴリ:小説

ライセンス:

この展開はオリジナルと同じです。まぁ、オリジナルはこのエピソードよりも後から始まるんですけど。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

流血表現があります。苦手な方は読むのをおやめください。
-----

 失うことに、慣れる日なんて来るのだろうか。君を失ってもいいと思える日なんて、来るのだろうか。もし君を失いたくないと願い続けたら、失わずにいられるのだろうか。そんな自分勝手を、世界は許してくれるのだろうか。君は、許してくれるのだろうか。

-----

「カイトカイトー」

 お菓子を食べながら――いくら食べても太らない体質だ――あたしはカイトを呼んだ。
 ここは王女たちの溜まり場と化している部屋。カイトが何故ここに出入り出来ているのか、今なら分かる。メイコ姉の婚約者なんて、あたしはまだ認めたわけじゃないけど。

「何?」

「ねぇ、カイトから見てさ、レンってどれくらい素質ある?」

 騎士として、の話だ。こればかりは、あたしが見てもよく分からないのだ。

「まぁ、僕よりはあるんじゃない?」

 カイトののんびりとした返答に、あたしは目をみはる。
 カイトはこう見えて、相当腕がたつのだ。騎士に叙任されたのも、十八歳とかいっただろうか。結構早かった気がする。
 そのカイトが、自分より、と言うなんて。

「それって、かなりすごくない?」

「まぁね。何よりやる気が違うよね」

「そりゃそうだけど」

 まったく否定しないあたしに、カイトは地味に落ち込んでいたけれど、まぁそれはこの際どうでもいい。

「技術はどんどん吸収してるし、筋はいいんだけど、今のところは体格のハンデがありすぎるかな。あの小さい身体では、鎧着たら息切れして動けないだろうね」

「それはそのうち……」

 どうにかなる、と続けようとして、あたしは口ごもった。
 本当に、そのうちどうにかなるのだろうか。男の子なんだから、もうすぐあたしの身長なんて抜かして、カイトみたいに大きくなるだろう、なんて。誰がそう断言できるんだろう。

 何度も何度も毒をもられて、いつの間にかやせ細ってしまった弟の身体。どんなに楽観視しても、健康に育っているとは思えない。
 仮にも王子相手に、死ぬほどの量の毒を入れることはないだろう、なんて自分に言い聞かせても。ここで成長が止まらないって、言いきれるだろうか。

「まぁ、まだ剣しか持たせたことないし、馬に乗って槍扱えなきゃ騎士じゃないし、怪我すりゃ終わりだし」

 あまりに軽いノリに、お前が怪我しろ、とちょっと思った。ちょっとだけ。

-----

 自分の部屋に戻って、扉を閉める。それと同時に足に何かがからまって、あたしは転んだ。

「いったぁー……」

 元々運動音痴ではあったけれど、何もないところで転ぶこともあったけれど、今のはちょっと違う。あたしは、自分の足首を見る。明らかに、故意に、糸のようなものが張られていた。

「何これ……」

 そう呟いて、手を伸ばした瞬間。後ろから伸びて来た手が、あたしの口をふさいだ。驚いてその手を引きはがそうとするけれど、あまりに力が違って、びくともしない。姿の見えない相手に怯え、背筋が凍った。苦しくて涙が浮かぶ。

「んー!」

 くぐもった悲鳴を発して、がんがんと扉を蹴る。そんなあたしを軽々と持ち上げて、扉の反対側にある窓の方へと運びながら、背後にいる「誰か」は囁いた。

「静かにしてください、殿下。指示に従ってくだされば、貴女には危害を加えませんから」

 貴女には、という言い方で、分かった。こいつの狙いは、レンだ。それなら、なおのこと、従えるわけがないじゃないか。

 滅茶苦茶に暴れると、ふっと相手の手がゆるみ、あたしの身体は床に叩きつけられた。左の手首に激痛が走り、あたしは声にならない悲鳴をあげる。
 ずきずきと痛む左手を押さえ、血がにじんでいるのを見た。すぐそばに、レンからもらった腕輪が落ちていた。無残にも、修復不可能なほどに割れて。

「何してるんだよ」

 カーテンの奥から、他の男の声が聞こえた。
 二人の顔に、あたしは見覚えがあった。どこでいつ見たのかまでは思い出せないけれど、この王宮にいる騎士だ。となると、多分、「第一王女派」。

「さっさと行くぞ」

 行くって、どこへ。あたしのことを、扉の方ではなく、窓の方へ運ぼうとしていた男たち。窓から、一体どこに行くつもりなのだろう。……少なくとも、普通の状況ではない。
 あたしは逃げようとしたけれど、騎士相手に体力で敵うはずもなく、簡単に捕まってしまう。それでも暴れていると、二人がかりで組み伏せられた。

「放して……っ!」

 あたしが叫んだ瞬間、ばたん、と大きな音がした。驚いて、音がした方を見る。閉めたはずの扉が、開け放たれていた。

「レン……?」

 その向こうに見える、小さな弟の姿に、あたしは目を見開いた。

「来ちゃダメっ!」

 叫んだのとほぼ同時に、レンも走り出していた。あたしを押さえていた騎士のうちの一人が、レンを見て剣を抜く。その切っ先がレンの右腕をかすめて、鮮やかな血が飛び散った。

「やめて!」

 今にも壊れてしまいそうな、優しくてもろい、誰より大切な弟。お願いだから、彼だけは。

「リンを放せっ!」

 レンは、見たこともないほどの形相で、騎士の手からあたしを引きはがして、強く強く抱きしめる。
 その温かさに、泣きたくなった。彼がそこにいるだけで、世界がどんなに変わってしまってもいいとさえ思えた。二人の血で汚れた部屋の中でも、彼があたしを抱きしめてくれるのなら。

 でも。安心したのは、ほんの一瞬。

「え……?」

 鉄の匂いが、鼻をさす。いつの間にか、あたしのわき腹は、生温かく濡れていた。

「あ……」

 レンの口から、意味もなさない吐息がもれて。急に体重を預けられて、あたしはそのままひっくり返った。

「レン……?」

 なんで、濡れているんだろう。思考が停止して、分かるはずのことが分からなくなる。
 レンのわき腹に震える手を伸ばして、手のひらにまとわりついた紅い液体を、目に映した。身体が震え出して、とまらない。

「あ……ぁ、あ……」

 力なく弛緩した彼の身体。それでも、その腕はまだ、強くあたしを抱きしめていた。

「いやぁぁああああっっっ!!」

とりあえずいろんなことに手を出しまくってる鏡音廃です。巡音も買ったようです。

マイリス→http://www.nicovideo.jp/mylist/18736642

オリジナル曲の二次創作・派生作品等は、ボカロやPIAPROの規約の範囲内でご自由にどうぞー。

小説の更新が滞ってますが、プロットはちゃんと出来てますよ><

http://hozue.blog-fps.com/

http://sns.cv02.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=2229
http://v-nyappon.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=12234

-----

2010/2/17 追記
HNを秋穂(あきほ)から穂末(ほずえ)に変更しました!

2010/7/18 追記
ニコ公開三曲目となる「水鏡プリテンス」で、P名を頂いてしまいました(ありがとうございますっ)。

-----

一応、お仕事やコラボのことに関して書いておきますね。以下の文章は、状況によってコロコロ変わります。

現在、曲・絵の新規依頼は受け付けておりません。交流のある方(複数回のメッセージ交換が目安)からの依頼ならば検討しますのでご一報お願いします。
作詞ならば依頼を受け付けられますが、依頼理由はきちんとお書きください。

一つの作品を仕上げるまで根気強く手伝ってくださる(ここ重要)絵師さん、動画師さんは常に募集しています。
また、作品ごとにイラスト募集を(突発的・〆切あり)することがあります。

コラボはお互いに本気じゃないと自然消滅するだけですので、やるなら本気でやりましょう。一報したうえでの延期・降板は受け付けますので。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP