母香炉女学園の謎! MEIKO vs GUMI! 第3話 マギカント

投稿日:2010/03/02 19:20:54 | 文字数:2,880文字 | 閲覧数:343 | カテゴリ:小説 | 全2バージョン

ライセンス:

☆オリジナル作品第5弾である、「母香炉女学園の謎! MEIKO vs GUMI!」の第3話です。

☆今回から核心部分に迫っていきます。

☆GUMIさん、あほのこのままでは捜査できないので、まじめで有能な“素”になってもらいました。

******

hata_hata様が、第1作目のきのこ研究所のイメージイラストを描いて下さいました!。まことに有り難う御座います!。
『「却下します!」』:http://piapro.jp/content/oqe6g94mutfez8ct

☆hata_hata様が、第2作目のきのこ商店街のイメージイラストを描いて下さいました!。本当に有り難う御座います!。
『causality』:http://piapro.jp/content/c0ylmw2ir06mbhc5

☆nonta様も、同じく商店街のイメージイラストを描いて下さいました!。本当に有り難う御座います!。
『ようこそ!、きのこ駅前商店街へ!』:http://piapro.jp/content/dmwg3okh7vq1j8i1

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

<母香炉女学園の謎! MEIKO vs GUMI! 第3話 マギカント>

(母香炉女学園・2日目・放課後・生徒会室)

昨日、めぐみが壊してしまったドアはもう直っていた。

メイコ:さすが生徒会の力、即日修理だったのね。

ピー、カチャ

今日は生徒会室の鍵はかかっていた。昨日、ルカから貰っていたICカードを使って鍵を開けて、生徒会室に入った。

メイコ:昨日の生徒会使用予定表の通り、今日はまだ誰も来てないわね。さーて、ルカさんからの依頼はさっさと終わらせて、本業の調査に時間を使わないと。

メイコは諜報エリアに進み、デスクトップPCの電源を入れた。

PC:パスワードを入力してください。
メイコ:昨日説明されていたわね。えっと、“MEIKO”っと。
PC:認証しました。母香炉女学園サーバにようこそ。

メイコ:しかし、こんな簡単にハッキングできるなんて、この学園、不用心過ぎると思うけど・・・・。まぁいいや。えっとルカさんからの依頼は、レオン先生の最近の動向だったわね。

メイコはさすが探偵と言ったところである。手際よく、レオン先生の個人ファイルを探し当て、中に書かれていた内容を確認した。

ファイル:「1日目総括:“勇気めぐみ“とかいう変な生徒が入ってきたが、変なだけで人畜無害と判断。学級委員長になったが通常業務上の連絡だけしていれば、問題無しと思う。」
メイコ:まぁ表現はきつい感じだけど、普通の業務日誌ってとこかな・・・・・・あれ?、まだ続きがある?。
ファイル:「メモ:ツンデレ風だがかわいい感じの亞北ネルと、儚げな感じがそそるスタイル抜群の弱音ハクは、要チェックだ。絶対落とす。」
メイコ:・・・・なるほど、生徒会が学校側の弱みを握っているのは合点がいったわ。しかし、生徒会側が権力で押さえつけることには問題があると思っていたけど、ここの学校の先生には、それ以上の問題があるのね。こう考えると、どっちが悪人だか・・・・。まぁいいわ。CD-RWに保存っと。これでルカさんからの依頼は終わったわね。じゃあ、これからは“私”側の仕事をやらせて貰うわ。

メイコはPCを操作して、生徒会サーバに移動しようとした。

PC:パスワードを入力してください。
メイコ:共通なのかな?。えっと、“MEIKO”っと。
PC:認証しました。
メイコ:やった!。・・・・え?、続きがある?。
PC:【CAUTION!!】PHASE1までしか閲覧できません。
メイコ:く!!。同胞ともいえる生徒会役員の諜報部員ですら、自分のところのサーバへの進入権利を制限しているとは。何人も信用してない、そういうわけか。まぁいいわ。PHASE1までだと、どの程度の情報が閲覧できるのかしら?。

PC:生徒会サーバ“PHASE1”へようこそ。

1)今年度の学級委員長と生徒会役員の名簿
2)今年度の生徒会活動予定
3)生徒会長「巡音ルカ」からの挨拶

メイコ:ちっ!、使い物にならないわ!。さすがに用心深いか・・・・。困ったな、やたらに“LUKA”とか入れてもたぶん、2重3重のパスワードを求められて、「はい、ご用」、か。困ったな。権利者パスワードまで行かなくても、せめてPHASE2,3位まで閲覧できるパスワードってないのかしら?。

メイコは困ってしまった。敵陣の懐にいきなり入って調査するのも大胆だが、これしか的確な情報入手方法はないともいえる。

メイコ:んーーーーーーーーー、あ!、確かルカさん、“レン子”さんをみて、“キラーン☆”とか眼を光らせていたし、“自由に使ってもいいのよ”とか言っていたな・・・・。まだ彼女らに対しては警戒している感じはなかったし。ちょっと危険だけど、行けるかも!。

メイコはPCのパスワード入力画面で、こう入力した。

“LENKO”

PC:第2パスワードを入力してください。

“BOKUKKO”

PC:認証しました。このパスワードでは、PHASE3まで閲覧できます。

メイコ:ビンゴ!!。よし!、このCD-RWにPHASE3までの内容を全部保存っと。

PC:データのディスク保存、受け付けました。CD-RWを挿入してください。

メイコはCD-RWを挿入し、警戒しながら2,3分待っていた。

PC:保存終了。閲覧履歴、ログイン履歴は保存しますか?。

メイコ:当然消去(ルカさん、レン子さんには信頼を置いているんだな。足跡消去まで許可しているとは)。

PC:処理、完了しました。ログアウトします。

メイコ:(ふぅ~、第2パスワードは直感だったけど、やはり“ボクっ子”だったとは・・・。さて、探偵社のPCで調べるとしますか。)

メイコはPCの電源を切ると、退室し、ICカードで鍵をかけ、そそくさと下校した。

(母香炉女学園・2日目・放課後・生徒会室・メイコの退室の数分後)

ルカ:さぁ、レン子さん、入って。
レン子:あ、あの、ボクに何の用なんですか?。
ルカ:生徒会役員の仕事の打ち合わせよ。レン子さんは会計だったわね。専用のPCソフトの操作について、教えておこうと思って。
レン子:そうなんですか。

二人はルカのICカードで入室した。そしてルカは円卓の上のノートPCを起動させた。

ルカ:会計ソフトはここに入っているわ。ここのノートPCにはパスワードとかかけてないから、自由に使ってね。
レン子:はい。

程なくしてソフトが起動した。

ルカ:じゃあ、椅子に座ってね。

レン子は椅子に座り、ルカは後ろでかがんでいた。レン子はトラックパッドに手を置いて操作しようとした。

ルカ:あ、それはこうね。

ルカはレン子の手の甲を包むようにして、手をそっとかぶせた。

レン子:ちょ・・・・

ルカ:操作はこう。

スラ~

ルカは手をかぶせたまま、トラックパッドに置いたレン子の指をスライドさせて、ソフトを器用に操作した。そして、ルカはレン子の耳元に息を吹きかけた。

ふぅ~

レン子:ふぇ・・・・・

ルカ:レン子さん、かわいいわね・・・・・。

プチッ

レン子:(イタ!、な、なに?、たぶん後ろの髪の毛が1本くらい抜けた?。)

ルカ:はい、冗談はここまで。このソフトの操作はこれが基本よ。
レン子:さっきの・・・・冗談なんですか????。
ルカ:勿論、冗談よ。ここ女学園だから、こんな感じで迫ってくる先輩とか多いから、これから気をつけてね。特にあなたみたいな“ボクっ子”はターゲットになりやすいから。
レン子:は、はあ。
ルカ:これから生徒会活動中に、続きの操作を教えて行くから。会計はPCと友達にならなくちゃね。頑張ってね♪。
レン子:は、はい!。

こうして、PCをシャットダウンしたあと、二人は退室した。

ルカ:(さて、これで新入生のDNAは揃ったわね。転入生のメイコさんのは・・・いいか、ありゃ。GUMIのは仕事の打ち合わせで貰ってあったし。さて、これからが忙しいわね・・・・・。)

更新は相変わらずゆっくり目ですが、安定してきました。

基本、テキストでのボカロ小説で活動してます。今は、

『Dear My Friends! 2期』
(最近は"ディアフレ!"って略記することが多いです)

を連載投稿してます。

たまにイラストも投稿してます。

コンテンツの利用に関しましては、事前事後問わず、コメントにてお願いしますね。

投稿告知などは、twitterでやってます。

もっと見る

作品へのコメント6

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    nai☆様、こんにちは!

    > 探偵の基本は情報収集から

    はい。本当は”聞き込み”から入るはずなんですが、話数の関係で、いきなり本陣なぐり込みです。

    > ひょっとしてメイコさん凄腕のハッカー?

    ちょっと危険な行動でしたね。でも情報は入手できたので、それでいいや、と思ってます。というか生徒会恐るべし。

    > 『…耳元に息を吹きかけた。  ふぅ~ 』  思わず後ろを振り返ってしまった。ま、まさかね?

    ルカ:ふぅ~

    > プチッと髪の毛抜かれたような気も…。

    ルカ:プチっ

    > ホムンクルスの香り?

    これは意識したんですが、第4話でわかるんですが、あのホムンクルスとはカテゴリが違うのですよ~。作る目的から、生徒会と学校でも違います。

    > あれよあれよと言ううちに、どんどん怪しさ大爆発寸前!

    怪しいですよね。なんか学校という名前だけでも怪しいのに、さらに・・・・。

    > そして、ダブルでピンチなレンきゅ…レン子の運命や如何に!?www

    とりあえずルカさんの目的は髪の毛採取だから、一応はずれますが、先生から目を付けられてますね
    (^_^);
    レン子さんはそういう女の子なんです~♪

    ご閲覧、コメント、ありがとうございます!

    2009/05/27 14:53:09 From  enarin

  • userIcon

    ご意見・感想

    hata_hata様、こんにちは!

    > 想像だにしない方向に話が進んでる。まさかの”Magicant“ですか!

    はい。ちょっと今回も飛躍したストーリーになるっぽいですね。エリアは学園内にしてますが、またもやSFチックというかファンタジーというか・・・。

    > 学園側にしても生徒会側にしても、一体これで何をしようというのか・・・

    これは先ほどアップした4話とも少し関係してます。学園側と生徒会側で、マギカントの利用方法にかなりの違いが出てきている感じです。

    > 興味が尽きないです。面白くなってきた~♪

    ありがとうございます!。1話、2話ではどうしようかと思ったくらいですが、そろそろ軌道が安定してきた感じです。

    > GUMIさん、やはりただのアホのコではなかったですねw

    はい。有能探偵ですから、真逆の”シリアス性格”にしました。コロコロ性格を変えないといけないので、本人は疲れると思いますが。

    > 昔の東映ヒーロー物の映画のように「○○vs□□」というタイトルを掲げながら・・・

    これはまぁ王道ですからね。でも今回はちょっと趣向を凝らしてます。それはアップしてある第4話にて。

    ご閲覧、コメント、ありがとうございます!

    2009/05/27 14:46:00 From  enarin

  • userIcon

    ご意見・感想

    nonta様、こんにちは!

    > このままスンナリ話が進むとは思っておりませんでしたが、DNAを採取しての魔法造成人間とか(ヽд) ゜゜

    なんか1話とかのノリから、だいぶかけ離れたネタになりましたが、今回のメインはこのマギカントです。尚、マギカントという言葉は造語です~。
     
    > 何やら、また更に面白くなりそうな展開に。

    探偵学園ものなので、両方になるんですが、とりあえず”探偵”メインで動きます。

    > とりあえずは、ルカさんやGUMIさんの怪しい描写が単なる「地」でなくて一安心です。

    これはさすがに”きゃは☆”で探偵は出来ないし、ルカさんを完璧に”百合キャラ”だけにするのもどうかと思ったので、ここで軌道修正しました。でもルカさんの”百合”、本当に作った性格なのか、これだけはまだまだ疑問かもです。

    ここから先はちょっとハードボイルドモノになるかもです。まぁ第1,2話であれだけ羽目を外したので、いい感じだと思います。

    ご閲覧、コメント、ありがとうございます!。

    2009/05/27 14:33:07 From  enarin

  • userIcon

    ご意見・感想

    探偵の基本は情報収集から…ですね。しかし、パスワードまで解析するとは、ひょっとしてメイコさん凄腕のハッカー?
    そしてGUMIさんも負けていないw もう、二人の頭脳対決が待ち遠しいっす。

    『…耳元に息を吹きかけた。  ふぅ~ 』  思わず後ろを振り返ってしまった。ま、まさかね?
    でも、プチッと髪の毛抜かれたような気も…。ひょっとして、俺もターゲット? なワケねぇ~よなwww
    それはさておき、ルカさんの奇妙な行動、髪の毛DNA…、そして魔法造成人間…。なんかホムンクルスの香り?
    あれよあれよと言ううちに、どんどん怪しさ大爆発寸前!
    謎は膨らむばかりで、ほんとどうなるの? どうなっちゃうの? 状態ですw
    そして、ダブルでピンチなレンきゅ…レン子の運命や如何に!?www

    2009/05/26 22:16:20 From  nai☆

もっとみる(6)

もっと見る

▲TOP