歌声涙声

投稿日:2016/01/27 03:58:02 | 文字数:393文字 | 閲覧数:123 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

歌える、それは当たり前の幸せ

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

白い息をそっと吐きだした
この声はいつか失うと知った
溢れてくる涙と何か

「歌ってよ」そんな押し付け君には言えなくて
「お願いだ、僕の代わりに歌ってよ」そんな我儘涙とともに飲み込んだ

座り込み叫ぶように泣き喚く
子供のように
現実が牙を向けて確実に
襲い掛かるから
どうすればいいのだろうわからない
求む声も届かない

好きな歌をずっと歌ってる
君の声ずっと聴いていたのになんで
今はこんなにも苦しくて悲しい

「どうしてさ」なんで僕だけがこんなに苦しいんだ
「そんなこと、当たり前の幸せさ」それに気づかず君は平然歌い続ける

悲しみは憎しみに変わりだして
夢を見るんだ
僕の手で君の首絞めあげていた
そんな夢だった
どうすればいいのだろうわからない
こんな僕が嫌になる

歌いたい歌えない
君が好き君が憎い
僕に声を戻してください
君の歌声をどうかください

「お願い、歌わせて」

リアルのトラブルにより少々ドタバタ中。
作詞、動画、絵、utau入力、キャラ、脚本、小説やっております。
湯島結代(ゆしま ゆしろ)です。
現在依頼は引き受けておりませんがこちらから何かしらで応募などする場合はあります。
よしなに。

現在持病の悪化により創作スピード落ちてます。

オールジャンル書いてますが一応病み歌詞多めなので苦手な方はご注意を。

もっと見る

もっと見る

▲TOP