はじまりの詩 歌詞

投稿日:2019/07/28 23:19:34 | 文字数:347文字 | 閲覧数:121 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

初音ミクオリジナル曲「はじまりの詩」の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「はじまりの詩」

はじまりの朝は空が輝いて
坂道を駆ける君が眩しい

照れ笑いをして声をかけたくて
あと少しだけ勇気があるなら

きっと世界が暗闇でもぼくは
声の限りに歌うよ

教えて胸の奥に芽生えだした気持ち
抑えきれなくて
届いてくれるはずもないのに
君のための詩 つむいでる


水たまり越えて風を追い越して
知らない扉が見えた気がして

きっとこの世界のどこかで
誰かが優しい歌を待ってる

教えて心までも見透かされるくらい声を張り上げて
知らない言葉を並べ上げて君のための歌
繰り返す

教えて胸の胸の痛み見透かされるくらい
声を張り上げて
聞こえる鼓動が胸をたたく
君のこと呼ぶの

気づいて胸の痛み忘れさせるくらい
声を張り上げて届いてくれるはずもないのに
君のための歌歌ってる

曲作って動画上げてます。企画お気軽にお誘いください。ボカロ曲も作ってます。

ニコニコマイリス
http://www.nicovideo.jp/my/mylist/#/59954399

youtube
https://www.youtube.com/channel/UCAVKwKn6A3vrTHwuGxUQ0gg

twitter
https://twitter.com/osumanteikoku

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • はじまりの詩

    by 神様うさぎさん

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP