美食家

投稿日:2021/10/20 13:22:50 | 文字数:748文字 | 閲覧数:156 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

作詞曲:かしこ。「美食家」の歌詞。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

温くなった 甘いスープを 口につけて苦笑う
最初と同じ味なのに 別物のワンスプーン
今日の事を 羅列しあう 会話にならない対話
それは何処にも向かわないし 何も示さない

綻びから綻び 転び 穴になるほどに
すぐに直さなくちゃって試み 指に刺さる針
僕らは辛うじて 同じテーブルの上
微かに残る ランプの灯を 見つめている

イツモドオリと名付けられた 最高級の皿はもう
メニュー表の隅っこから 消えてなくなってしまった
イツモドオリを ありのままに 目いっぱいに頬張って
美味しいねって 笑いあえるだけで
幸せな食卓だった
 
目に見えて 花は萎れ 黒混ざる cafe au lait
「楽しいね」は 抑揚なくし 平坦に響いた
何が余って 足りてないのって 迷い込んだ闇路
今を見ようとして 今に目隠しをされて


心は危なっかしい 天秤を抱えている
sugar & spice 微量の匙加減で 変わる味

イツモドオリと名付けられた 最高級の皿の上
紛れ込んだ苦い味を 僕は前から知っていた
終末の味覚に 触れてもされど そばにいるのは
この苦味の向こう側を 知りたいと願うから
美味しいねって笑う 声が聞きたいから

僕らは辛うじて 同じ文脈の中
sugar & spice 微妙な匙加減で 味は変わるから

イツモドオリと名付けられた 最高級の皿はもう
メニュー表の隅っこから 消えてなくなってしまった
くだんないこと くだんないことを 目いっぱいに頬張って
美味しいねって 笑いあえるだけで 幸せだった

イツモドオリは 気づけばもう 幻の美味になっていた
それでも 今日も明日も あの味を探すのだろう
美味しいねって笑う 君がまた見たいから
僕は 今日も あの味を探している 美食家

かしこ。と申します。曲を作ってニコニコ動画に投稿しています◎http://www.nicovideo.jp/mylist/50674625

ツイッター:https://twitter.com/kashikomaru7

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP