優しい傷跡 第01話「傷だらけの青年」

投稿日:2008/11/01 19:10:47 | 文字数:931文字 | 閲覧数:1,175 | カテゴリ:小説

ライセンス:

【登場人物紹介】

増田 雪子(ますだ ゆきこ)
 オリジナルキャラで、すみません。この物語の主人公かつヒロインです。
 帯人のマスターです。女子高生で、クリプト学園に通っています。
 楽譜も読めないwwしかも音痴wwww

帯人
 傷だらけの謎の男性。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

雨の中、私は走っていた。
鞄を頭の上まで持ち上げて傘の代わりにしているつもりだけど、あんまり意味はない。
頭のてっぺんから足の先までびしょ濡れだ。
なんで傘を忘れちゃったんだろう。
こういうとき、ボーカロイドっていいなーなんて思ってしまう。
傘を忘れても、気を利かして持ってきてくれるんだもの。
本当、人間みたいに…。
羨ましいけれど、そんな高価なものを買うほど裕福でもない。
諦めるしかないって悲しすぎる…。
あー、切なくなってくるよ。
雨のせいもあるんだろうけど。

…。
……。
………とにかく帰ろう。

私は、裏路地へ入った。
ここを通ったほうが家に近いような気がしたから。
裏路地は少し汚かった。
空き缶が普通に転がってたりして、いろいろと危ないトラップが足下に広がっている。
私は十分気を付けながら、全力で走った。

「あ」

そのとき、私の足が止まる。
目の前に傷だらけの青年が、倒れていた。
体中包帯だらけで、頭から足の先までびしょ濡れで、
このままにしておいたら死んじゃうんじゃないかと不安になるくらい衰弱していた。
私は青年に駆け寄る。

「大丈夫!?」

声をかけると、わずかにまぶたが動いた。
よかった。生きてる。

「今、救急車を呼んであげるから!」

私がケータイに手を伸ばそうとしたとき、突然彼の腕が私の手をつかんだ。

(痛ッ!)

あまりにも強い力に、私はたじろぐ。
青年はかすかに唇を動かした。

「やめて」

「…でも」

「お願いだから」

病院が単に嫌というわけではないらしい。
「わけあり」ということなのか。
私はケータイをしまうと、彼に肩を貸す。

「立てる?」

「…うん」

少し驚いているようだ。
支えながら彼はゆっくりと立ち上がる。
私は彼に言う。

「とにかく傷の手当てをしよう。
 今、手当できるようなものを持ってないから、私の家まで行くけど、歩けそう?」

「…うん」

青年はこくりと頷くと、私とともに一歩一歩歩き出した。
そして小一時間かけて、やっと帰宅した。


私はこの日、一人の青年を拾った。
まるでその姿は捨て猫みたいで、

そして―

まるでなにかに脅えているような、そんな目をしていた。

【お休み中】

===========================================

「優しい傷跡」は三部作ですが、三部の途中で書けなくなりました。
続きは書けませんが、そこまでのお話は残しておくつもりです。
二次創作やら派生やらは、一言いただければ基本okです。
これからは何となく書いた歌詞を載っけていくつもりです。
よろしくお願いします。

帯人・がくぽ・ミクオ・欲音ルコが大好きです。

下から飛べますよ♪

===========================================

優しい傷跡
http://piapro.jp/content/7q5hqtkfhff7gpll

優しい傷跡 番外編
http://piapro.jp/content/prenayotf2qetyrj

優しい傷跡-魔法の音楽時計-
http://piapro.jp/content/p6xkwgja3thb4jvs

優しい傷跡-君のために僕がいる- (中断)
http://piapro.jp/content/3itb7ja54w5dp7y1

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP