【Alpha】 100年先の君へ、僕へ。 【オリジナルPoem】

投稿日:2012/07/10 00:04:02 | 文字数:1,261文字 | 閲覧数:134 | カテゴリ:歌詞 | 全3バージョン

ライセンス:

拝啓、僕の最愛の人へ。

もう一度だけ君に伝えるから。

開かなくなったこの口で。


今回は手紙をテーマに作ってみました。

前作→http://piapro.jp/t/8WyP
           by Alpha

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【100年先の君へ、僕へ。】

~Aメロ♪~

拝啓、僕の最愛の人へ。

こうやって手紙を送るのは3年ぶりですね。

僕が君に想いを伝えてから今日で調度3年の月日が経ちます。

まだ僕の気持ちは変わらないままで。

本当は手紙なんかで伝えている時点で、僕は駄目なのかもしれない。

でもきっと君の前では緊張してなにも喋れないと思うから。

~Bメロ♪~

拝啓、僕の最愛の人へ。

まあ、この手紙を送ってどうなるってわけじゃない。

再確認。もう一度、君に想いを伝えたい。

ドラマとか恋愛小説とか、そんなキザな言葉は掛けてあげられないけど。

この手紙が、今の僕の精一杯の想い。

こんな手紙を送ったら君は笑うかもしれないけど、

笑われたっていい。ここでもう一度想いを伝えなきゃいけないから。

~サビ♪~

これから先、君が大人になった時。

君は今以上に素敵になっているでしょう。

僕はそれに見合う人になれてるかな。

君に苦しい思いをさせてないかな。

君に胸を張って「愛してる」と伝えられるように。

~2番Aメロ♪~

拝啓、僕の最愛の人へ。

こうやって手紙を送るのは20年ぶりですね。

僕が君に初めて想いを伝えてから今日で調度20年の月日が経ちます。

まだ僕の気持ちは変わらないままで。

また駄目とは分かっていても、直接想いを伝えられなかった、僕は成長していないままで。

まだきっと君の前では緊張してなにも喋れないと思うから。

~サビ2番♪~

これから先、僕がお爺ちゃんになった時。

僕は今以上にしわくちゃの手になっているでしょう。

そんな手でも、君の手を握り締めていたい。

君には死ぬまで「愛してる」って伝えられるように。

~Cメロ♪~

僕の右にはいつも君がいて、君の左には僕がいた。

僕の右手をいつも握り締めていた、君の小さな左手は、

今ではしわくちゃの手になっていて、

昔僕とキスをしたその唇も、

今ではカサカサの唇になっていた。

「人間はいつか死ぬこと」僕が生まれて初めて感じた恐怖を、

君は打ち消してくれるような存在で。

もうすぐその時が来るのに、僕の口はもう二度と開かなくて。

もう一度だけ、もう一度だけ「愛してる」って伝えたい。

~Last♪~

これから先、僕らが生まれ変わった時。

僕らは今以上に幸せになっているでしょう。

その時はまた一緒になろうね。

君にもう一度「愛してる」と伝えられるように。

拝啓、僕の最愛の人へ。

こうやって手紙を送るのは40年ぶりですね。

僕が君に想いを伝えてから今日で調度40年の月日が経ちます。

まだ僕の気持ちは変わらないままで。

最後の力を振り絞ってこの手紙を君に送ります。

生まれ変わってもまた同じクラスメイトになって、

隣の席になって、最初は机をくっ付けるのもせがみ合いながら。

またお互いが恋に落ちて、

もう一度だけ君に伝えるから。

開かなくなったこの口で、

「愛してる」と。

ニコニコ動画での歌い手とボカロPとして活動するために、日々歌を練習したり作詞したりしています。 自分は作曲が苦手なので、作詞の得意な方とのコラボ作品を希望しています。 協力してくださる方は是非連絡をよろしくお願いします。自分なりに作曲に全力を挙げて頑張って行くので、どうぞこれからも長い目で見守っていてください。 作曲者様、絵師様、動画師様を募集しています。 もしやってもいいよという心の広い方がいたら是非協力願います。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP