FOSSIL Pさん作品一覧

FOSSIL Pと申します。

※ただ今本業多忙中につき更新が停まっています。故に一時的にご依頼を停止させていただいております。
復帰は、6月中旬を見越しています。

DTM、ボーカロイド楽曲制作歴、3年が経ちました。

楽曲や歌詞に対するメッセージ、本当にありがとうございます。
古くさい感じのする、懐かしいメロディを信条としています。

【絵師様募集】
自分は絵がまったく描けないので、イラスト投稿をされている皆さんにお願いがあります。

俺の楽曲の、イメージイラストを描いていただけませんでしょうか…?

常時募集中ですので、お気軽にお声かけ下さい。よろしくお願いします!

アメブロ始めました。

もっと見る

    作品にコメントして FOSSIL Pさんを応援しよう!

    コメントする(登録無料)

    Linaria

    前のページへ
    1
    /1
    次のページへ
    TEXT
     

    手のひらに 握られた
    四角が過去と今を映し出す
    透明度 低い海が 広がってく

    いつだって 声が聞けるその距離が嬉しい
    それでも電子の泡
    生命を育むことはできない

    お願い離れないで 出来るだけ近くにいて
    想いを 載せた 赤のリナリア

    会えないと嘆く時
    指先が君を求め始めてる
    揺れる気持ちはいつも 言葉の中

    届かない 気がしてたから
    君の名を呼ぶよ
    無機質な感情と夜は
    果てしなく続いてしまう

    お願い私を見て この想いに気づいて
    繰り返し 叫ぶ 風のリビエラ

    お願い離さないで 抱きしめたままでいて
    想いを 託す 赤のリナリア

    『Linaria』の歌詞です。

    この恋に気づいて、というテーマです。

    ライセンス:この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

    投稿日時:2018/03/19 22:10:34

    閲覧数:34

    カテゴリ:歌詞[編集]

    作品へのコメント0

    ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

    新規登録|ログイン
      ブクマ
      この作品を○○してみた動画を繋げてみましょう
        • Linaria

          by FOSSIL Pさん

        このページはセキュリティモード(SSL)で送信しています。[アクセス元 54.224.17.157 ]

        ▲TOP