ある日のあなたと鏡音姉弟

投稿日:2011/01/23 16:51:04 | 文字数:1,076文字 | 閲覧数:370 | カテゴリ:小説

ライセンス:

ある日にあったリン、レン、あなたの短編の話です♪
下手ですが、見て頂けると、光栄です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

あ「あんっ、そこぉ~ふぁんっ気持ちいよぉレン~」

レン「そ、そうですか?ありがとうございます。マスター」

あ「ふぅ、もういいよ、ありがとう。レン^^」

レン「はい。」

あ「レン、歌だけじゃなくてマッサージもうまいなぁ!((ナデナデ」

レン「そ、そんなことないですよ/////」

あ「照れてるw」

レン「て、照れてなんかいません!!!////」

あ「照れてるじゃん!ね、リン♪」

リン「なにがぁ?」

あ「あ、みかん食べてたのねw」

リン「うんっ、おいしいよ?マスターも食べる?^^」

あ「もう、リンかわいすぐる!!!>ω<」

リン「マスター、リン嬉しい!マスターも可愛いよ♪」

あ「ありがとー!!!リンはいい子だねぇ((ぎゅー」

レン「おーいおーい!!!」

あ「リンー♪」

リン「ますたぁ!」

レン「あのー・・・」

あ「リンー♪」

リン「ますたぁ!」

レン「おい!人の話聞けよ!!!」

あ「ふぇ?なぁに?どしたの、レンきゅん♪」

リン「レンきゅん♪」

レン「レンきゅん、言うな!リンは繰り返さなくていい!」

あ「もう、そんなに怒らないでよぉ、レンきゅん♪」

リン「きゅんきゅんっ♪」

レン「マスター、リンに変なこと教えんな!!!」

あ「変なことなんか、教えてないよーだっ!」

レン「もう、いいよ!!!(怒)」

あ「リン、ちょっと待っててね?」

リン「うんっ、リン待ってる!」

あ「よし、いい子だwレンー、待ちなさぁい!」

レン「((無視」

あ「っちょ、無視するなぁ!マスターだぞぉ!」

レン「・・・・・」

あ「つーかまーえたっ♪((後ろから抱きつく」

レン「うわぁっ!」

あ「もう、拗ねちゃってw」

レン「す、拗ねてない!!」

あ「ツンデレンw」

レン「ツンデレじゃない!」

あ「そういうのをツンデレって言うの!」

レン「僕は違う!」

あ「ふぅ、もう、ごめんごめん^^;構ってほしかったんだよね?」

レン「ち、違う!」

あ「構ってほしかったんでしょ?((顔を覗き込む」

レン「///////そ、そうだよっ悪い?!ま、マスターがリンにばっか構ってるから、僕のことそぽのけで・・・」

あ「そういうことねwやきもち?w」

レン「あ、全部言っちゃった/////////////」

あ「素直に言えばいいのにwほら、おいで?」

レン「うん//////((ぎゅーー」

あ「ふふっ^^かわいいっw((ぎゅー」

リン「むぅー>へ<まぁ、レンだしいっかw」

fin♪

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/31

もっと見る

▲TOP