涼しい国へ 歌詞

投稿日:2019/07/05 10:51:49 | 文字数:235文字 | 閲覧数:72 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

水玉の傘をたたんだ虹の下で
いまごろはあなたが何しているか空想します

ふたりどこか涼しい国へ逃げて
そこで暮らしませんか

浅葱色のハンカチからシャボンのにおい
草いきれ見あげればもんもこ入道

あのむこうパライソがあるとしたなら
それはもうとても素敵なことだと思いませんか

ふたり汽車で誰にも告げず
遠く長い旅へ出ましょう

ふたりぶんの片道切符
カバンひとつ

ふたりどこか涼しい国へ逃げて
そこで暮らしませんか

ふたり対の金魚になって
同じ家で生活しましょう

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 涼しい国へ (off vocal)

    by 平田義久さん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP