秘密結社・きのこ研究所 第5話 「決戦!きのこ研究所 第1部 お約束編」の巻

投稿日:2010/03/02 16:55:49 | 文字数:2,608文字 | 閲覧数:342 | カテゴリ:小説 | 全2バージョン

ライセンス:

オリジナル作品である、「秘密結社・きのこ研究所!」の第5話です。初めて全編アクション+お笑いで行きました!。やっぱりお笑い書くと、調子がいいです!。相変わらずの連続物なので、下記の前の話も是非ご覧下さいませ。

主題歌・歌詞:http://piapro.jp/content/9lafg55pxiftexuk
第1話:http://piapro.jp/content/7cofawctvokdxk3z
第2話:http://piapro.jp/content/6jrtli2bm7rlcz4q
第3話:http://piapro.jp/content/oraeqp7gqdobpfp9
第4話:http://piapro.jp/content/rs5niffrlzonxuux

☆KAITO社長、終了のお知らせ(笑)。

☆今回は和製ボカロさん達に活躍してもらいました。それと新キャラ(?)のマザーコンピュータ“LOLA”もヨロシク!。

☆機動戦艦“暴火炉鋳呑”・・・・。翼のあるでっかい酒瓶だそうです・・・・。燃料はやはり“アルコール”だと思います。

☆話によって、別のタイトルを付けている関係から、1作品にはまとめておりませんのでご了承くださいませ。

ではでは

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

第5話 「決戦!きのこ研究所 第1部 お約束編」の巻

(某時刻・きのこ研究所地下)

(低いミクの声)リン達はMEIKO会長の案内で、きのこ研究所地下の小部屋にやってきました。

リン:あの~、この小部屋、物置に使っているんですが、ここに何か?
MEIKO会長:ここはね~、この壁をね~、えぃ♪

MEIKO会長がかるーく目の前の壁を叩くと、壁の一部がはずれ、中に設置されていた赤いボタンが現れた!

レン:凄いんだよーん!、なんかいかにも“秘密の研究所”みたいなんだよーん!
ミク:いや、“みたい”じゃなくて、本物の秘密研究所なんだけど ミクミク
プリマ医師:で、これは何のボタンなんですか?
KAITO社長:アイス専用冷蔵庫のスイッチ?
MEIKO会長:んー、社長のもなかなかのサプライズだけど、もっと凄いのよ!。音声の隊員さん、ファンファーレお願い!
隊員達:イー。パンパカパーン!、パパパ、パンパカパーン!。ダラダラダラダラ!、ダン!
MEIKO会長:うりゃ!

MEIKO会長が赤いボタンを押すと、研究所が揺れだし、前の壁が上に上がっていった!。まばゆい光が射し込んでくる!
プリマ医師:これ・・・・
レン:なんか、前にでっかい格納庫があるんだよーん!
リン:これって、もしかして!
ミク:秘密兵器?! ミクミク!

前に広めの格闘庫があり、中央に何かでかい物が置いてあった。

KAITO社長:これって・・・・
ミク:羽が付いた・・・・
レン:でっかい酒瓶なんだよーん!
リン:・・・・・なんなの・・・これ・・・・・?
プリマ医師:・・・・も、もしかして、これ、戦艦????

MEIKO会長:そうよ!、きのこ研究所の最終防衛用装置!、その名も“機動戦艦 暴火炉鋳呑(ボーカロイドン)”!!!
レン:でも、やっぱりでっかい酒瓶なんだよーん
ミク:羽が付いているから、もしかして飛べるの? ミクミク
MEIKO会長:もしかしなくても、飛べるのよ!(たぶん)
プリマ医師:今、小声で“たぶん”って言いませんでしたか?

MEIKO会長:細かいことは気にしない!、やってみればなんとかなるわ!、さぁあそこから乗った乗った!

酒瓶でいうラベル部分が降りてきて、小さめのタラップが出現した

KAITO社長:この酒瓶、乗れるのか・・・
MEIKO会長:き・ど・う・せ・ん・か・ん!!!!

全員乗り込んだ所は通路で、その先にコックピットのような場所があった。席は人数分あるかと思ったら、一人分足りなかった。

MEIKO会長:ごめんね~、予想していた人数が一人少なかったの。だから予想外だったお一方は、そこの吊革につかまって待機していてね。
レン:アバウトな操縦方法なんだよーん
ミク:で、予想外だったお一方って誰?
KAITO社長:んー、失礼になるんだけど、やはり・・・
プリマ医師:・・・私ね
MEIKO会長:違うわよ!、プリマ医師はそこのゴージャスな席に座って、操縦を頼む事になってるの!、立つのはあなた!

指差した先の人物は、KAITO社長だった

KAITO社長:え・・・・おれ?、やっぱ、お約束なの??
MEIKO会長:それもあるけど、あなた、戦艦の操縦でなんかわかることある?
KAITO社長:・・・・質問も質問だけど、たぶん・・・ない。ってか!、じゃあ、そういうお前らはなんの役回りなんだよ!

リン:全員マニュアルに書いてある!。えっと、私、右舷の弾幕砲撃手
レン:ボクは左舷の弾幕砲撃手なんだよーん! なんかいつも怒られそうな場所なんだよーん!
ミク:私はレーダー担当みたい ミクミク
プリマ医師:私は操舵手なのね

MEIKO会長:私はこの虎革で作った女王様椅子で、命令役。つまり艦長ね!!。
KAITO社長:・・・・・・・で、私は吊革につかまって待機・・・・ですか
MEIKO会長:そう。揺れると思うからしっかり掴まっていてよ。戦闘中はかまってあげられないからね。
KAITO社長:はい・・・・

MEIKO会長:それと~、ここには7人目の仲間もいるのよ!
リン:え?!、私たちが来るまで、このでっかい酒瓶・・・・もとい戦艦で待っていたの?!
MEIKO会長:違うわよ~。そうよね!、LOLA(ローラ)!

前のコンソールデッキが赤く光り、スピーカーから声が聞こえてきた!

LOLA(ローラ):ココは窮屈でしたヨ、MEIKO会長?!
リン:うわ!、酒瓶が喋った!
LOLA:ワタシはこのサカビ・・・じゃなかった戦艦のマザーコンピューター“LOLA”デス。システムを担当します。よろしくネ!。
リン:ハイテク酒瓶・・・
MEIKO会長:・・・もういいわ、酒瓶で(泣)。

各自、持ち場に着き、KAITO社長も吊革にしっかり掴まり、準備は整った。

MEIKO会長:じゃぁ、行くわよ!。さかび・・・・じゃなかった、暴火炉鋳呑!!、はっっっっっしん!!!
LOLA:Ready

突然大きく揺れ始め、各自浮き上がる感触を味わった。本当に飛べるようだ。

MEIKO会長:この戦艦はね、V-TOL型飛行戦艦なの。ハリアー機みたいなものね(よかった、ちゃんと飛べた・・・)。
レン:もうなんでもありなんだよーん

(低いミクの声):こうして、戦艦はゆらゆらしながら、きのこ研究所の上空に舞い上がり、飛び立っていった!

(某時刻・某所1500m上空)
プリマ医師:あの~、MEIKO会長?、レーダー担当のミクさんとLOLAさんの通りに操縦してますが、目的地はやはり・・・
MEIKO会長:がくぽのアジトよ。彼の携帯に仕込んだ発信器をレーダーで追っているの
ミク:でも、そのポイント、さっきから凄い速度で移動しているんですが、確かがくぽさんは・・・
プリマ医師:窓から出ていっただけだったわよね。どうやって移動しているの?
MEIKO会長:なんらかの高速機だと思うわ。だって彼はアジトとうちの研究所を移動していたのよ。ワープ装置とか高速移動手段がないと出来ない芸当だわ
プリマ医師:なんて人なの・・・
ミク:!、ポイント止まりました!。ここから・・・あ!、そんなに遠くないです!
MEIKO会長:LOLA!、所要時間を計算して!
LOLA:・・・32分デス
MEIKO会長:逃がさないわよー!!

更新は相変わらずゆっくり目ですが、安定してきました。

基本、テキストでのボカロ小説で活動してます。今は、

『Dear My Friends! 2期』
(最近は"ディアフレ!"って略記することが多いです)

を連載投稿してます。

たまにイラストも投稿してます。

コンテンツの利用に関しましては、事前事後問わず、コメントにてお願いしますね。

投稿告知などは、twitterでやってます。

もっと見る

作品へのコメント7

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    nai☆様、今晩は~!。今回はお約束入りの”お笑い”で行きました!。きのこ関係の話はやはりお笑いが似合いますね

    > そりゃ一度もテスト飛行してないんだろうな~

    はい。MEIKO会長自身も”たぶん”、”ちゃんと飛べた”って言っている位だから、作っただけで地下格納庫に締まっていたんだと思います。なんかマザーのLOLAとか他のボカロ達が不憫です・・・

    > レン、実は密かに・・・

    実は右舷がリン(RIN)で、左舷がレン(LEN)は、リンレンの左右設定にたまたま合ったのでネタを使いました。逆だったら、リンが言っていたと思います

    > 吊革・・社長さん不憫(T_T)

    サブタイの通り、”お約束”なので、KAITO社長もお約束。さすがはネタKAITO、びしっとやってくれました!

    > まさにキノコ祭り状態!

    上手いっす!。これは私も気が付かなかったです!。でも円盤はキノコって決めてました。スパロボの設定があってよかった・・・

    > 脱力戦闘w。文字ブロックw 腹いてぇwww

    ここは元ネタがあるものの、ここでこの武器を使う事にした時から、”お笑いで行く”って決めてました!。はまって嬉しいです!

    > \(^o^)/

    はい。アレです。もう自爆ネタのために使いました。そういえば”足”が無かったですね。私が気づいていて、メカニックがいたら、あの名台詞、使った方が良かったですね。一応あの戦艦、ボカロ達しかいない事にしていたので

    > 操縦桿がハンドル

    これは例のロボットもそうですが、イメージは、インパクトの塊である、名前が泥棒でお笑いコンビ名にも使われているロボットアニメの主役メカ2機の、ハンドルコントローラーにしました。いかにも”これでどうやって操縦しろっての!”ってヤツ。あ!、魔人なスパロボのボロなメカもハンドルでしたね

    > さぁ、次は手に汗握る白兵か!? シャチョーサンの運命や如何に?

    KAITO呼び戻しますね。やはり彼がいないとお笑いのツボを付けられない・・・。今回の戦闘主役はリンレンKAITOだったので、次は・・・・さて誰でしょうか?

    ご閲覧、コメント、有り難う御座います!

    2008/12/27 21:34:06 From  enarin

  • userIcon

    ご意見・感想

    hata_hata様、今晩は!。怒濤の執筆とお笑いパワーで、第5話はあっという間だったかも・・・

    > 装甲車両

    これは意外にスムースに”機動戦艦”って決めてました。問題は”がくぽさんが、こっちが機動戦艦で追いかけなければ行けないほど、高速で移動できるのか?”って事ですが、これはちょっとお茶を濁しました。装甲車両パターンだったら、おそらくミリタリー物のパロにしていたと思います。

    > 斜め上でしたw凄い

    有り難う御座います!、”斜め上”は最高評価だと思ってます!。やっぱり意外性って大事ですよね!

    > あ、呑というお酒もありましたね。これは挑戦しがいが・・・(チョト待てw

    名前の最後に”呑”が付いているので、呑でもいけそうなんですが、イメージとしては、見たまんま”派手なラベルが貼ってある日本酒の酒瓶”(MEIKOさんが持っていそうなヤツ)に、飛べそうな羽とか翼が映えている、異様な戦艦、って感じです。ちょw”挑戦”ですか?!、楽しみです~!。しかしMEIKO会長の造形感覚は、どうかしていると思います・・・

    > 鈴置さん・・・(つД`)

    そうですね、故人でしたね (>Д<)/ 。なんかあの声優さん以外、あの方の声は勤まらないと思うのです~

    > まさにシー◯様w

    そうっす!、○ーマ様です!。これはネタ使った確信犯です。だって艦長MEIKOさんって想像したら、女王様系かしっかりおねーさま系しか思い浮かばなくて・・・。某”喜んでいる男”なアニメの3悪の女性ではちょっとイメージに合わないのですよ

    > KAITOはやっぱり不憫な扱い

    これはセクションタイトルの通り、”お笑いのお約束”を使わせていただきました。やはりネタKAITOは最強です!。なんか脱出ポッドで飛んでいったけど、KAITOさんのことだから、戻ってくるかも!(どっかにぶつかって跳ね返ってきて)

    > これからどんなスペクタクルが・・・

    有り難う御座います!。次の潜入編ですが、ちょっと詰まってます。というのも案がかなりあるため、それの選択、シリアス系、ギャグ系、って考えると難しいですね。如何せん”白兵戦”ですから

    ご閲覧、コメント、有り難う誤差います!

    2008/12/27 21:19:36 From  enarin

  • userIcon

    ご意見・感想

    nonta様、今晩は~!。今回は第1話や主題歌の感じに戻って、全編お笑いに戻しました。書いている当方も楽しいんですよね。でもこればかりだと話が安くなってしまうので、次はもう少し落ち着いた、第3話+第1話みたいなテイストにしてみようと思ってます。

    > 会長訪問時の酒貯蔵所

    そうかも(驚)。なにせ自爆しかできない機動兵器なんて積んでいてもスペース無駄に使っているとしか思えないので・・・。6人乗って、機動兵器が後部ハンガーにあるんだから、それなりの大きさだと思うので、たぶん機動兵器の所は名前の通り、通常は酒蔵になってますね。たぶん。

    > 「ボクは左舷の・・・」ウケました

    有り難う御座います!。ご指摘の通り、髪の毛がちょっと気になっていると思う艦長の怒鳴り声が聞こえてきそうな場所ですね。でも、あの武器で弾幕ってのは、つまり、もう子供のだだっ子みたいに、短めにわめき散らして声弾を撃たないと出来ませんね(笑)

    > 文字ブロック攻撃というと、某ゲームの様な

    これは私の元ネタ書き込みの通り、それをそのまんま使いました。確信犯です(おいおい)。これはこの話を作る時点で、”いつ使う武器にしよう”と思っていた物で、最終決戦がいいかどうかと検討した結果、ザコ落としにしました。その方が元ネタでの使い道っぽいし

    > 長く叫び続ける方が射程距離が伸びるのでしょうね

    これも元ネタゲームでは、キャバクラの呼び込みの”~3000円ポッキリ!”っていうながーい台詞が強かった(言葉はランダムだったけど)やつですね。WRYYYYYYNとかだよーーーーーーんも伸ばすだけで射程は長くなるけど、息が続かないのですよね・・・

    > 読ませていただいていると、いろいろと妄想が膨らみます(*^_^*)

    有り難う御座います!。実はこの話、頭ではかなり変化しながらも最後まで組み立ててあるんですが、シリアスだと面白くないけど、あのがくぽさんでお笑いラストってのもなー、って感じでちょっと思案中なんです。次の”潜入編”は某スニーキングゲームパロにしようか、まともに行こうか、中庸で行こうか、かなり迷ってます。

    ご閲覧、コメント、有り難う御座います!

    2008/12/27 21:04:41 From  enarin

  • userIcon

    ご意見・感想

    今回は元ネタ有のネタ作品だったので突っ込まれる前に元ネタを一覧にしました~

    ○地下の小部屋・・・壁の一部がはずれ・・・なんかいかにも“秘密の研究所”
    →某生物で怖いサバイバルゲーム
    ○パンパカパーン!・・・
    →某海産物プロダクションの3悪のメカ戦ファンファーレ
    ○“機動戦艦 暴火炉鋳呑(ボーカロイドン)”
    →某国民的ロボットアニメの戦艦+ワープできる方々の熱血+シリアスロボットアニメの戦艦
    ○吊革につかまって待機していてね
    →アニメの電車(\(^o^)/)
    ○ゴージャスな席に座って、操縦を頼む
    →一般的なスーパーロボットアニメ
    ○ボクは左舷の弾幕砲撃手なんだよーん! なんかいつも怒られそうな場所なんだよーん!
    →ご指摘の通り、某国民的ロボットアニメの戦艦の艦長の名台詞から
    ○ミク:私はレーダー担当みたい
    →某超巨大な変形戦艦の初代版のオペレーター3人娘の一人の髪型(ツインテールなんだけど、勘違いの可能性大)
    ○私はこの虎革で作った女王様椅子で
    →某国民的ロボットアニメのOVA1作品の悪役女性艦長のシート。○―マ様!
    ○LOLA:Ready
    →某蒼い流星なロボットアニメのV-MAXシステム
    ○無人機です・・・形状は巨大なキノコ型円盤
    →一般的スーパーロボットアニメの悪役量産型戦闘機
    ○オラ、ワクワクするんだよーん!
    →某竜玉アニメの主役の名台詞
    ○シュプレッヒコール砲
    →ご指摘の通り、某横スクロールお笑いシューティングゲームの白ベルの装備か、某猿酒なアニメ
    ○最終機動兵器、初號機、カイト君、射出、横の赤いレバーを引く、“自爆”、ゴムパチンコ
    →言わずとしれた某キリスト教なロボットアニメのネタ数々。最終機動兵器(総称。そのままではやばいので少し変更)、初號機(“號“の文字はポイント)、カイト君(ここだけKAITOの呼び名が違う。これは某女性が某パイロットの少年に伝えているときの口調)、射出(登場の仕方)、横の赤いレバーを引く+自爆(フィールド反転による自爆)、ゴムパチンコ(このアニメが人気パチンコ台になったので)
    ○操縦桿がハンドル
    →ジャン○ーグナ○ンか、某“泥棒”なロボットアニメの操縦桿
    ○やってやるぜ!
    →某獣なロボットアニメの主役の口癖
    ○脱出装置
    →一般的スーパーロボットアニメと上記海産物プロダクションアニメの悪役の最後より

    後付半分、設定半分です~(爆)

    2008/12/27 11:55:31 From  enarin

もっとみる(7)

もっと見る

▲TOP