雪月風花(せつげつふうか)

投稿日:2018/10/19 09:53:11 | 文字数:596文字 | 閲覧数:99 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

 何となく、四字熟語でまた書きたくなったので書きました。今度は高校時代から使ってる古語辞典と国語辞典が大活躍でした。

2018/10/19~冬が教えたを冬が来たんだに変更しました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A星月夜 落葉する季節
 独り空を見上げた
 天の原 雲が掛かった
 季節外れ 六花舞い降りた
 現身の夜 慰めるように
 紅葉 覆って積もる

S月は照らす 独りの秋
 雪は覆う 紅葉隠す
 独りでは無いと 教える
 少し早い 冬が来たんだ

B花盛り 桜咲く季節
 独り空を見上げた
 風に散る 花弁を追う
 五月雨降る 立夏夏の月
 卯の花揺れ 捜し求めてく
 一人 愛しき人を

S風は揺らす 二人の時
 花は揺れる 生命祝い
 独りでは無いと 分かった
 過ぎ去り行く 季節一巡り

 過ぎ去り行く 季節一巡り

全文ひらがなver

Aほしづきよ おちばするきせつ
 ひとりそらをみあげた
 あまのはら くもがかかった
 きせつはずれ りっかまいおりた
 うつせみのよ なぐさめるように
 もみじ おおってつもる

Sつきはてらす ひとりのあき
 ゆきはおおう もみじかくす
 ひとりではないと おしえる
 すこしはやい ふゆがきたんだ

Bはなさかり さくらさくきせつ
 ひとりそらをみあげた
 かぜにちる はなびらをおう
 さみだれふる りっかなつのつき
 うのはなゆれ さがしもとめてく
 ひとり いとしきひとを

Sかぜはゆらす ふたりのとき
 はなはゆれる いのちいわい
 ひとりではないと わかった
 すぎさりゆく きせつひとめぐり

 すぎさりゆく きせつひとめぐり

 言葉の楽園、なろう、ツクール、ハーメルン、pixiv、piaproに『Sillver』のハンドルで活動してます。アイコン設定出来る所はTwitterのヘッダー使ってる事多いです。
 おおよそ、言葉に関連する事は色々やってみたい人です。
 ただ、頑張って色々やってみたのですがどうにも作曲能力は無いようです。無念……。
連絡先 Twitter @844eb288e92145e

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    こんにちは、
    旬のものでもあるし、曲付けに入らせていただきます。

    2018/11/23 02:21:20 From  takanekobe

  • userIcon

    メッセージのお返し

    ありがとうございます!楽しみです♪

    2018/11/23 20:02:06 Sillver

  • 雪月風花

    by takanekobeさん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP