ラルム 歌詞

投稿日:2021/03/06 21:47:21 | 文字数:345文字 | 閲覧数:692 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

先日投稿した曲「ラルム」の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ラルム

数年ぽっちの感情は
積み重なりあっていた
どれも似たり寄ったりでいたんだよな
そんな在り来りだらけの僕は
夢の見方すらももう忘れていて
冷めきっていた眼の中で
未だ光を保っている

君の言葉を思い出せるような
音楽を今も作り出している
どれがホントかなんてわからぬまま
僕らは歩いてゆく

憂うつだってないていた
日々を重ねあっていた
そんな僕らのままでよかったんだ
こんな事を歌う僕を見たら
君はどんな言葉をかけるだろう
思い出したいつかの夢と
かけ離れすぎていたんだ

それでも僕は明日を生きるように
音楽を今も作り出している
風の調も全部無視してさ
世界を奏でてゆく

友情も幸福も
憂うつも価値観も
全部全部放り出してさ
後悔も愛憎も
どこか遠いところに
捨てられたのなら

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP