【茶番カプリシオ】5.5、少女の思い出【自己解釈】

投稿日:2011/12/29 14:41:41 | 文字数:1,866文字 | 閲覧数:1,205 | カテゴリ:小説

ライセンス:

完璧なる自己解釈。
っていうか説明というよりgdgd小説だ

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

 -箱庭の少女side-



「ただいま」


「お父さん」が家から帰ってきたようだ。
私は自ら車椅子を押して出迎える。


「お帰りなさい、お父さん」
「ただいま、ミッシェル。今日もお仕事、頑張ってきたよ」


「お父さん」はそう言って微笑んだ。


「ねぇねぇ、今日は何をしたの?」
「・・・ミッシェル。外の世界は残酷だ。君のような“綺麗な人”は、外の世界に行って穢れてはいけないんだ。私は、少しでも外の世界のことを話したら、君が穢れてしまうんじゃないかと思っているんだ。
意味が、わかるかい?」
「えぇ、少し・・・」
「うん、完全に知らなくていいんだよ。ミッシェルにはまだ難しい話かもしれない」


「お父さん」──貴方は、外の世界を話してくれなかった。
それでも、よかった。貴方の傍にいられたから。


「『大罪の器』・・・見つからないな・・・」


貴方は呟いた。


「?『大罪の器』って?」
「い、いや何でもないよ」


ふふっ、隠し事しちゃって。私知っているんだよ?『大罪の器』を。
だって、私自身が『大罪の器』なんだよ?


私の本名は「クロックワッカーズ・ドール」。
「ミッシェル=マーロン」ではないの。


私は【怠惰】の器。
貴方の本当の娘ではないの。


貴方は、本当に私を「娘」だと思ってるの?
貴方は、どうして私に溺れているの?


そんな感情を押し殺し、私は貴方にいう。


「ねぇ、お父さん・・・」
「?なんだい?」
「歌っていい?外の世界に聞こえないように」
「いいよ」


微笑む貴方から承諾を得ると、私はるりらるりらと、唄を歌った。



***



「ミッシェル・・・話があるんだ」
「なぁに?」
「えっとね・・・」


貴方は言い辛そうに、口を開いた。


「外の世界は・・・“戦争”を・・・しているんだ・・・・・・」
「“戦争”?」
「うん・・・今、私たちの家は・・・・・・焼かれているんだ」
「焼かれている?」
「もうすぐ、この部屋にも火が回る」
「・・・」
「でも、大丈夫。二人一緒なら、どんなところでも怖くないさ」


口元がキュッと上に上がる。
貴方は私に溺れているのね。例え、最初はそうじゃなかったとしても。

火がこの部屋を包みだした。
徐々に熱くなっていく。


「きっと、燃え尽きた家から見つかるんだろうね。私たち二人の親子の亡骸が・・・」


貴方は勘違いしている。
燃え尽きた家から見つかるのは、孤独な貴方の亡骸だけよ。


やがて燃えざかる火は、私たちを包んだ。



***



「やっと目覚めたわね、『クロックワッカーズ・ドール』」


目覚めると、見知らぬ黒髪の美女が立っていた。
私は、どうやら車椅子に座っているようだ。
何故か、足が立ったり歩いたりするときと同じ痛みに襲われている。


「私は・・・?」
「ふふっ、焼け焦げた屋敷から見つかったのよ、孤独な男の亡骸と、やけこげた『ぜんまい仕掛けの人形』がね」


彼女は嗤うと、間髪をいれずに


「さて、『グラス・オブ・コンチータ』、『マーロン・スプーン』、『ルシフェニアの四枚鏡』も手に入れたことだし・・・映画館に行きますか」
「映画館?」
「えぇ。貴方の『お父さん』、ガレリアンが建てた小さな映画館──とはいっても、私が建てさせたのだけどね」


そう言って嗤った彼女の眸は、無邪気な子供のようだった。


「そうだ・・・せっかくだから、ガレリアンについて教えてあげましょうか?」


私は頷く。彼は外の世界について教えてくれなかった。
彼の口からではないが、この際教えてもらおう。


「いい?ガレリアンはね──」


私は、彼の生前について、全てを教えてもらった。


彼の妻と娘は事故で亡くなったこと。
彼が『法廷の主』──悪徳裁判官といわれていること。
彼が【強欲】の悪魔に憑かれていたこと。


「私が知っていることは、全て教えたわ。貴方は『大罪の器』だから、嫌でも映画館に連れてくわね」


そういって彼女は、私の車椅子を押し始める。


「ねぇ──・・・」
「何かしら?」
「貴方の名前は?」
「・・・Maと、呼んどいて頂戴」
「それじゃあ、Ma」
「何?」
「私・・・『法廷の主』になる」
「・・・・・・え?」
「『お父さん』も、そう思ってる気がするの」
「そう、『父』の意思をついで、勝手に『法廷の主』に──面白そうね、私的には」


私の後ろから、Maが嗤う声が聞こえた。

兄さんマジLOVE213%な雪りんごです

リンゴをくれれば支配下に回るよ←
文才のカケラもない小説書いてます

好きなジャンル:ミステリー(ただしホラーは×)
得意なジャンル:gdgd←
最近の悩み:頭が馬鹿すぎること←手遅れ
とりあえず:兄さんを愛でたい

(`・ω・){ヨロシクね!

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    グダ02なんかぢゃないですよ(/_\;)

    私はピエロさんの小説(自己解釈)は、
    結構近い気がします!!

    2011/12/25 20:09:30 From  友愛@in不可

  • userIcon

    メッセージのお返し

    いえいえgd×2ですよw

    近いでしょうか・・・?
    自分的には、
    「とりあえず公式に頼りに頼って、んでその小さすぎる脳でやる気のない神様が変な自己解釈を
    思いつかせただけ」
    の、宇宙の端まで遠い自己解釈だと思うんですけどねwww

    2011/12/26 18:35:57 雪りんご*イン率低下

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP