Nostalgia

投稿日:2019/01/11 00:04:07 | 文字数:793文字 | 閲覧数:63 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

オトズキ様の和風ロック
https://piapro.jp/t/b9-L
への投稿作品です。

過去の失恋を嘆いていた日々から脱却し、今でも相手を愛していながらも、その恋を懐かしみつつ前を向いているヒロイン像を描いてみました。

1コーラス目のBメロ後半に1ヶ所だけ字余りがあります。
どうぞよろしくお願いします。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

1Aメロ
暮れなずめる落日に ふと重ねた過ぎ去りし記憶
棚引く雲間を染める紅(いろ) 何時しか宵へと霞む

1Bメロ
ヒラヒラ舞い落ちてく粉雪の羽(は)
あの日の幼心(こころ)さへ懐かしく…

1サビ
未だ浅き夢の中たゆとう 私の名呼ぶ涼やかな声
甘く優しい感触(ぬくもり)を残し 佇む昔日の中
唯願ふは貴男の幸(さち)

2Aメロ
微睡みも拒む心 貴男忘れる事恐れていた
幾年を数えど赦せず 傷痕だけが重なる

2Bメロ
横たえた身を濡らす赤い涙
貴男に拭われた あの夢

2サビ
赦された心に戻りし色 止めた針がまた動き出した
果たせぬ契りを嘆いた過去も 今では唯懐かしく…
変わらずに愛し続ける

大サビ
未だ浅き夢の中たゆとう 私の名呼ぶ涼やかな声
淡く優しい日々は過ぎれども 儚む時の流れに
唯願ふは貴男の幸(さち)

読み

1Aメロ
くれなずめるらくじつに ふとかさねたすぎさりしきおく
たなびくくもまをそめるいろ いつしかよいへとかすむ

1Bメロ
ヒラヒラまいおちてくこなゆきのは
あのひのこころさえなつかしく…

1サビ
いまだあさきゆめのなかたゆとう わたしのなよぶすずやかなこえ
あまくやさしいぬくもりをのこし たたずむせきじつのなか
ただねがうはあなたのさち

2Aメロ
まどろみもこばむこころ あなたわすれることおそれてた
いくとせをかぞえどゆるせず きずあとだけがかさなる

2Bメロ
よこたえたみをぬらすあかいなみだ
あなたにぬぐわれたあのゆめ

2サビ
ゆるされたこころにもどりしいろ とめたはりがまたうごきだした
はたせぬちぎりをなげいたかこも いまではただなつかしく…
かわらずにあいしつづける

大サビ
いまだあさきゆめのなかたゆとう わたしのなよぶすずやかなこえ
あわくやさしいひびはすぎれども はかなむときのながれに
ただねがうはあなたのさち

はじめまして。
水琴~Mikoto~と申します。

趣味で作詞(主にヴィジュアル系)をしています。
作品の一例につきましては、よろしければ下記ブログにて公開しておりますので、読んでいただけたら嬉しいです。
http://ameblo.jp/mikotokeloided/
どうぞよろしくお願いしますm(__)m

Twitter→@Mikoto_DiesK

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    初めまして、オトズキと申します。

    この度は歌詞募集への応募本当にありがとうございました。

    今回は他の方の歌詞を選ばせて頂く結果となりましたが一言応募して頂いた事にお礼を伝えたく、不躾は承知でメッセージを送らせて頂きます。

    主人公の思い人を思う気持ちと、過去を断ち切り前へと進もうとする姿勢をとても綺麗に歌詞にされているなと読んでいて感心させられておりました。
    全てを「唯願ふは貴男の幸」この部分へと収束させる流れが素晴らしかったです。

    重ねてにはなりますが、この度は本当にありがとうございました。

    これからも共にボカロ界を楽しんでいければ嬉しく思います。
    失礼いたします。

    2019/01/12 13:07:15 From  オトズキ

  • userIcon

    メッセージのお返し

    オトズキ様

    こちらこそギリギリの応募であったにもかかわらず、選考に加えていただきありがとうございました。
    お力になれるものが書けなかったのは残念ですが、この上ないお褒めに与り、感謝に堪えません。

    また機会がありましたら、応募させていただければと思っております。
    今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

    2019/01/12 19:16:31 水琴~Mikoto~

オススメ作品10/24

もっと見る

▲TOP