玩具屋カイくんの販売日誌 (277) よからぬ力? 

投稿日:2016/05/22 14:24:41 | 文字数:1,349文字 | 閲覧数:76 | カテゴリ:小説

ライセンス:

行方不明?の子の行方は...

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

みんなは、ミクさんのカバンについた人形を見つめる。

「不思議ですね。実はボクのとこにも、そういうメールが届いたんですよ。地下鉄に乗ってたら」
「そう、それで、バスに乗り換えたワケね」
暦君のことばに、紙魚子さんがうなずく。

「ここ、わたしたちの方では、人形がしゃべって...。暦さんの方では、メールの文になったのかしら。そのメール、見せてください」
レイムさんが身を乗り出す。
「それが、その履歴が全然ないんですよ」
頭をかく、暦君。

「妙ね」
首をかしげるミクさん。

と、そこに彼女の着信が鳴った。
「はい。あ、リンちゃん?」

リンちゃんからの通話のようだ。


●よからぬ力を感じる...

ミクさんは、リンちゃんと話を始める。

暦君たちは、また話の続きを始めた。
レイムさんが言う
「どうも、よからぬ力を感じるわね。なんかありそうね」
彼はうなずいた。
「ボクも、何か不気味な、イヤな予感を感じたんですよ」

「それって、どういうこと?」
紙魚子さんが、メガネのふちをさわって、眉をひそめる。

レイムさんが言う。
「つまり、あいつが、イヤがらせでも、してるんじゃないか、ってことよ」
紙魚子さんと暦君は、同時に、聞き返した。
「ツクヨミが?」「ツクヨミが?」

“ハッピーアイスクリーム!” 暦君が叫ぶ。
「古いですね。あなた、いつの時代の人?」
紙魚子さんがあきれて言った。

「でも、イヤがらせ、って...。子どもじゃ、あるまいし。それに、そんな大がかりなこと、どうやって?」
けげんな顔で言う彼に、レイムさんは混ぜっ返す。
「子どもでしょ。ツクヨミさんは、少年よ」

その時、ミクさんが通話を切って、話に入ってきた。


●オソロシイ、力のある少年

「いま、リンちゃんが、お家からかけてきたのよ」

「リンちゃん、元気ですか?」
心配そうに聞く暦君に、彼女はうなずく。
「ええ。家でゆっくりしてるって。今日は学校は休むけど、明日からは出るって言ってたわ」

「そうですか、よかった。それで、サナギちゃんは?」
ミクさんは、顔をくもらせて答える。
「それが、やっぱり行方が分からないって。リンちゃんがいろいろ、友達に聞いてみたりしたそうだけど」

レイムさんが、腕を組んで言う。
「その子の行方も、わからない。 暦さんは、奇妙な目に遭う...」

紙魚子さんは、ミクさんたちに聞く。
「そもそも、なんでリンちゃんが、怖い目に遭ったんでしたっけ?」

ミクさんは答える。
「私がリンちゃんたちと一緒に作ってる、コラボ商品のドールがあるの」
「うん」
「それを最初は、月光企画といっしょに、プロモーションしていたんですけど、途中で私が、一緒に仕事することを、断ったのよ」

「じゃ、それで、逆恨みしてるの?その月光企画のツクヨミが」
紙魚子さんはメガネのふちをつまんで言う。
「やることが、ただの少年のようね~」

...電車の運行をつかさどっちゃうほど、オソロシイ、力のある少年?そんなのありかい?
暦君は、首をかしげた。

レイムさんは、首を振って答えた。
「ただの、いたずらじゃないのよ。きっと、あいつはね、誰かを呼び出そうとしてるのよ。イヤガラセをして」(・・*)。。

雑貨の仕事をしてます。
キャラクター雑貨がらみで、キャラクターも好きです。

音楽も好きですが、好きな曲の初音ミクバージョンを聴いて感心!
ボーカロイドを聴くようになりました。

機会があれば、いろいろ投稿したいと思ってます。
宜しくお願いします。

twitter http://twitter.com/tamaonion

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP