無声慟哭

投稿日:2017/05/27 22:07:56 | 文字数:524文字 | 閲覧数:121 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

「春と修羅」より

解釈はお任せします。
アルバム「春と修羅」自体、生死観、命を題材としています。
そこに垣間見る人間の感情を表現できたらと思います。

この曲も、「大切な人の死」、「自らの存在」、「恋愛」、様々に解釈可能だと思います。
聴く人それぞれが、それぞれのストーリーを描いて頂けると幸いです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

無声慟哭



朝焼け また始まるセカイ 流れる 人に紛れて

指折り数えた辛い記憶 「やっぱり思い出せない」なんて
自分を誤魔化し愛想笑い 違う、こうじゃなくて・・・、

気付いて 傷付いて 季節外れの白い秋時雨
響く 無声慟哭
悲しくて 寂しくて それでも泣き顔なんて見せたくなくて
うそぶくなんて 素直じゃないね


夜風に 溶けた街のニオイ 冷めゆく 胸に手を当て

非情な現実に踊らされ 無情な真実突きつけられ
どこかに落としたココロの鍵 今も、独り探している・・・。

気付いて 傷付いて 静かに燃える夜の蝉時雨
揺れる 森羅万象
悲しくて 寂しくて それでも立ち止まることしたくなくて
苦しむなんて 間違っているって

分かってる、明けた日も訪れる闇に何度、願い、手を合わせても、

還らぬ 灯火 小さき命の刹那の光 今日もどこかで煌く
忘れはしないよ 短くも大事なヒトトキをいつも、いつまでも、

わたしに・・・、
気付いて 気付かせて 言葉じゃ伝わらないこの叫び
穿つ 無声慟哭
悲しくて 寂しくて 「やっと泣けてよかった」なんて、あなた、
うそぶくから 素直になれる

誰も知らぬ いつかどこかのはなし
絶えず響け 誰が為に煌け

Vocaloid楽曲、インスト曲を主に製作します。たまには自分で歌ってみたり。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 無声慟哭(ムセイドウコク)

    by メオネロPさん

オススメ作品10/17

もっと見る

▲TOP