歌詞_紫苑[feat.GUMI]

投稿日:2021/10/14 00:08:49 | 文字数:428文字 | 閲覧数:24 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

【動画】
ニコニコ→https://nico.ms/sm39473012
YouTube→https://youtu.be/Ajwru9Lub64

詞:anone

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

消えないよ ずっと
あの声が 温度が 匂いが 今でも
痛むんだ ずっと
胸の奥 届かない場所を焦がしている

駄菓子屋跡 錆びた鉄塔
夕暮れに鳴る誰かのピアノ
烏の群れ 微かな風
少し重なって離れた影

髪や爪は伸びていくのに
お腹が空き喉が渇くのに
眠れない夜も明けるのに
どうしても 君だけが

拭えないよ ずっと
目に映る景色のすべてが染まったまま
“ああ、あの時もっと”
意味のないそんな後悔を繰り返している

思いの外 笑えていて
涙も滅多に出なくなって
上手く日々を送っていて
だけど何処か他人事のようで

冬の雨が好きだったこと
すぐ強がる癖があったこと
どんな朝が何度来ても
この世界に もう君は いない

それならばいっそ
私をもう終わらせようと思ったんだ
ねえ ほらあと一歩踏み出せば
それだけなのに ねえ どうして
消えないの ずっと
君の声が 笑顔が 言葉が すべてが
私をそっと包むように
届かない場所で煌めいている

GUMIを使った音楽活動をしています。

[共同制作者]
anone様

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 紫苑[off vocal]

    by 止由さん

オススメ作品10/22

もっと見る

▲TOP