優しい傷跡-魔法の音楽時計- 第15話「君のそばに行くから」

投稿日:2009/03/06 09:26:49 | 文字数:1,701文字 | 閲覧数:617 | カテゴリ:小説

ライセンス:

【登場人物】
増田雪子
 帯人のマスター
帯人
 雪子のボーカロイド
コーディオ
 雪子を「花嫁」と呼ぶ男
 死神めいた存在
クレイヂィ・クラウン
 赤はピエロ
 青がクラウン
 雪子と帯人に協力してくれる

【コメント】
あと2話程度で、ゆりかごから墓場まで編終了です^^
もうしばらくおつきあいください。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

今日、変な人に傘を貸してもらった。
いいのかなぁ…って思ってたけど、濡れるのは嫌だったし、
結局受け取っちゃった。
正直、すごく助かった。
すごくお礼を言いたい…。

黒髪に、包帯が印象的なあの人。
すごくきれいな顔立ちだったなぁ。
…でも、どこかで見たことがある気がする。
あれだけイケメンなんだもの。俳優さんかもしれない。
あー、惜しいことしたかも。今度会ったらメアド聞いとこっ!

ピーンポーン。

「はーい」

インターフォンが鳴る。誰だろう。メイコ姉さんかな。
雪子は外の様子を覗いた。…誰もいない。
首をかしげながらも、雪子は鍵を開けた。

きぃ。

ドアが開く。

「あ…」

そこには見知らぬ男性が立っていた。
手にはアコーディオン。頭には可愛らしい帽子が乗っている。

「なんでしょうか」

恐る恐る問うと、男は笑った。

「くくく。お迎えにあがりましたよ」

「へ?」

彼の手が頬に触れる。恐ろしいほど凍てついた指。
生きているのか、不安になる。
彼の手が唇をなぞる。逃げたいのに、身体が動かない。

「我が花嫁。さあ、お時間をともにしましょう」

「ッ!?」

身体の力が抜ける。バタッと男の腕の中に倒れてしまう雪子。
すでに意識はない。男はまたのどで笑う。
軽々と雪子を抱きかかえると、男は戸を閉め、手をかざした。
音もなく鍵がかかる。

「悲劇の姫君(ヒロイン)、どうか美しく踊ってください」

男は勢いよく跳躍し、雨の町へ消えるように去った。




マンションの階段を駆け上がり、やっと帯人は雪子の家に着いた。
ドアをいくらたたいても、彼女は出てこない。
留守なのだろうか。しかし待っている時間はない。
アイスピックでドアノブごと破壊する。

「マスター!」

部屋中を捜したが、雪子の姿はなかった。
帯人はその場に崩れ落ちる。

「…ぁ…ぁぁ…」

身体が震える。会いたい。会いたい。会いたい。会いたいのに。
どうして君は離れていくのだろう。

無意識のうちに、帯人の手は首に伸びていた。
包帯の上からがりがりと傷を掻きむしる。
懐かしい痛みだった。
マスターの気を引きたくて、何度も自分を傷つけた。
雪子に止められてもやめなかった、この傷跡。

「マスター、ほら、傷が…」

このままだと僕、死んじゃいますよ。
ねえ、マスター…。

そのとき、部屋の影から人影が現れる。
しかしそれは雪子ではなかった。

「見つけたぁ♪」

クレイヂィ・クラウンの一方である、赤いピエロがいた。
帯人は幻滅する。

「…どっか行って」

「えー、どうして?」

「今なら八つ当たりで、何でも殺せそうだから」

「そりゃあ、おっかないねぇ。でも殺せないよ」

ピエロは、一本の傘を持っていた。
その傘に手をかざすと、瞬く間に赤い剣へ変身する。
剣を帯人の元に投げた。

「あなたが戦うべき相手は、教会にいるよ。
 そこにあなたの大好きな彼女も、ね」

「…」

「行かないの? 行かないと彼女、本当にコーディオに取られちゃうよ?
 優しい傷跡にすがる暇があったら、前を向いて生きなさい。
 それがあなたたちにしかできないことなんだから」

帯人は赤い剣を握り、立ち上がる。
ピエロは嬉しそうに微笑んだ。

「さあ、生きなさい」

「…ありがとう」

はじかれたように走り出す帯人。ドアを開け、そのまま飛び降りる。
着地の痛みなんて無視して、雨の空の下ツバメのように走った。


君が僕のそばから離れていくのなら、僕のほうから君に近づこう。
あなたの隣に僕が行く。だから、君は―前だけを見ていてほしい。

それが僕の好きな君だから。


飛び降りた彼の背を眺めて、微笑ましいと笑うピエロ。
その傍らに相方の青いクラウンが寄り添う。
クラウンは問う。

「君が協力するなんて、驚いたよ」

「そう? 当然のことよ」

ピエロはニカッと笑った。

「だって雪子ちゃんも、帯人君も、お友達だもん!」

それに、ちょっとした恩返しがしたかったから。
私には見守ることぐらいしか、できないもの。

【お休み中】

===========================================

「優しい傷跡」は三部作ですが、三部の途中で書けなくなりました。
続きは書けませんが、そこまでのお話は残しておくつもりです。
二次創作やら派生やらは、一言いただければ基本okです。
これからは何となく書いた歌詞を載っけていくつもりです。
よろしくお願いします。

帯人・がくぽ・ミクオ・欲音ルコが大好きです。

下から飛べますよ♪

===========================================

優しい傷跡
http://piapro.jp/content/7q5hqtkfhff7gpll

優しい傷跡 番外編
http://piapro.jp/content/prenayotf2qetyrj

優しい傷跡-魔法の音楽時計-
http://piapro.jp/content/p6xkwgja3thb4jvs

優しい傷跡-君のために僕がいる- (中断)
http://piapro.jp/content/3itb7ja54w5dp7y1

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP