宇宙船地球号

投稿日:2018/10/08 02:51:50 | 文字数:424文字 | 閲覧数:87 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

現在曲募集中です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

日の沈む駅のベンチで
長く長く僕らは待ってた
いつ貼られたか濁してる
褪せた時刻表


どこから来たのかもわからないのに
一体どこへ行こうというのか
宛先の消えた飛行船に
地球ごと乗っかってる とするなら


いま この 瞬間 も
誰かが指さしケラケラ笑う
こんな奴らを仲間と呼ぶのか
誰かがテレビでペラペラ語る
言葉に出会わず死ぬ子がいるのに
宇宙が転がす ピンポン玉が
僕らの歩く全てだとしたら





陽が辛い朝に起こされ
いつも同じ軌道に沿っては
こめた悪意を濁してる
課せた時間割


幸せの形も決まらないのに
満ちることのない認証欲求
墜落へ向かう飛行船には
渦巻いた欲望らが 動力さ


いま この 瞬間 も
誰かが傷付き自分を嫌い
「みんな同じさ」と我が物顔で
1人が笑えば死ぬるは2人
当の本人は気付かないままで
僕らが転がす ピンポン玉が
誰かの歩く全てだとしたら


こんなことを考えてみたとこで
僕はただ廻るしかないけれど

大学①
作詞、動画イラストを受け付けております。
詞先のものが多くあるので、現在曲募集中ですと書かれている歌詞は是非曲をつけていただきたいです。
曲先でももちろん大丈夫です。
仲良くしてください!

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

▲TOP