WALK

投稿日:2017/05/02 23:17:47 | 文字数:580文字 | 閲覧数:70 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

3作目の歌詞

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

絡んだ イヤホンは すぐ諦め
無音の中 街を歩くうち
普段じゃ 気にも留めないような 風景
子供のころの僕を見たんだ


騒いだ 道路が 少し不快で
まわり道ばかり 選ぶうち
湿った歩道橋 何もない公園
自然と同じ道を来ていた


むかしむかし 僕が君に告げた
少しばかり重い思いは
弱く君のもとに無事にたどり着けぬまま
ポツリポツリ 君が話す 言葉
意味を持つその 前に僕は
手を振ってしまった


あれから どんな風にしていますか?
線路の隣を歩く途中
今もたまに思い出すんだ
黙って 歩いて 下向いたまま


曲がり道が 行く手を隠して
かわるがわる 流れる家
どこかでいつか 似たような光景
ここでない事は確かだが


じわりじわり 深く沈む
青とオレンジの間で僕ら
いつも通り 隣同士 ふたり 歩くけど
ぽつり ぽつり 灯が付く街に
君が消えてく前に 僕は
俯いてしまった


とっくに答えはあるんだ 出ているんだ
ふとした瞬間に想う道中
今もたまに思い返すんだ
止まって 突っ立って 歩くんだまた


本当の気持ちは わかんないんだ
今でも答え探す胸中
今じゃどうしたってわからないんだ
悩んで 迷って 振り向いたりして


この頃 無くしかけてるんだ
頭の隅で響く呼吸
でも いつになったって思い出すんだ
黙って 歩いて 前向いたまま

イラストなど描いていただけるとうれしいです。

↓ニコニコ動画
http://www.nicovideo.jp/user/65920005

↓Twitter(@far__fuji)
https://twitter.com/far__fuji

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • WALK

    by far_fujiさん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP