Bloody Girl 11

投稿日:2011/08/21 20:17:12 | 文字数:1,252文字 | 閲覧数:312 | カテゴリ:小説

ライセンス:

遅くなりました!!

グミちゃんが、なにやらヤバイことになっておりますが・・・
そしてこのシリーズ・・・予想以上に長くなっている!
最初は・・・もっとコンパクトになると・・・

次回は・・・、なんだろうねwww

この先を言うと、メイ姉が出るね・・・
多分(笑)

よ~し、次の下書きにとりかからねば!!

読んでくださったかた、ありがとうございます☆

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「あ~ぁ、なんでバレちゃったかな~。」
悔しそうに頭を掻くカイト先輩を私はただ呆然と見つめていた。
だって、もっと否定するかと思ったから。
こんなにあっさり認めるなんて、予想もしてなかった。
「なぁ、なんで分かったんだ?」
それは私も気になる質問。
「・・・、ヴァンパイアは常に体から特別な波動が出てることは、あんたも知ってるだろ?」
カイト先輩は無言・・・、でも知ってないっていう様子ではなさそう。
私はチンプンカンプンだったけど。
「あんたは上手く隠してたつもりだったかもしれないけど、昨日・・・数秒だけ微かにその波動が伝わっ てきたんだよ。」
堂々と説明するグミヤが、ますますカッコよくて見惚れてしまう。
ドキドキも普段より速い。
「それで、その波動を辿って俺の元に来たってわけ。」
「あぁ・・・。」
「あ~ぁ、昨日つい、ぐみの血が吸いたくなっちゃったんだよね~。」
カイト先輩と目が合い、体が固まる。
深いブルーの鋭い瞳がグサグサ私を突き刺す。
「あんたにぐみの血は吸わせない。」
グミヤの言葉は、不安と恐怖でいっぱいの私を優しく包み込んでくれるようだ。
なぜかホッとできる。
「・・何それ、ちゃっかり自分のモノ宣言?
 意外と束縛するタイプなんだぁ~。」
「そんなんじゃないっ!」
カイト先輩の笑い声が中庭に響き渡る。
その反響が私に当たって、しつこく耳に残る。
そのせいか、また恐怖が私を襲う。

「は~、それで、俺をどうするつもり?」
「国につれてく。」
「・・・そ~簡単には、戻らないよ?」
まるで挑発するような言い方。
余裕の笑みを浮かべる先輩。
「だったら、力ずくでも。」
グミヤその挑発にのるような言い方だ。
力ずくイコール戦うってこと・・・。
グミヤがケガを負ってしまうってこともあるんだ。
そう考えると心配で堪らない。
「俺を力ずくでつれてくなんて、100年早いよ?」
「そんなのやってみなきゃ、分からないだろ。」
「・・・、そこまで言うならやってみせろよ。」
ニヤッと笑ったとたん、カイト先輩は風のように私達の前から消えた。
えっ?と私がパニックを起こしている間に、グミヤは制服から小刀を出した。
「ぐみ・・・少し離れてて。」
「うっ・・・うん。」
何歩か下がって、ジッとグミヤを見つめた。
グミヤなら大丈夫と何回も自分に言い聞かせて。
「グミヤ・・・。」

グミヤが辺りを見回していると、グミヤの背後が少し影って見えた。
よーく見ると、人のような形をしている。
「もしかして・・・。」
嫌な予感がした私の体は自然とグミヤに向かって走っていた。
「グミヤァァァ!!」
驚くグミヤを強く押して、それと同時に何かが深く私の体に刺さった。
-えっ・・・?
痛みを通り越して何も感じない。
生温かい血が肌を伝う感触さえも感じなくなってきた。
薄れた視界に映るグミヤは、何かを叫んでいるようだ。
「グ・・ミ・・・ヤ。」

伸ばした手はグミヤに届かず、私の視界と意識は暗闇に堕ちていった。

甘菜(かんな)です♪

ミヤグミをこよなく愛す、グミ廃です!!
グミちゃんもグミヤくんも可愛いです......

とにかく、ミヤグミ小説が多いです。

たまに他のCP小説を書くこともありますが、やっぱりミヤグミが多いです(笑)


ちょっと妄想癖の激しい学生ですが、絡んでもらえると嬉しいです♪

{ホームページ}準備中

アイコンはお借りしました!!

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    えええええええ!?
    グミー!!死なないでよおお!!!!
    カイトを殺してくる((((待て

    次回めーちゃんが出るの!? 楽しみ!!
    急展開ご馳走様でした!!次回も待ってます^^

    2011/08/25 17:15:47 From  紅華116@たまに活動。

  • userIcon

    メッセージのお返し

    グミちゃんの運命は私が変えてみせるwww
    私もご一緒しまsy←

    めーちゃんを可愛く登場させてきますwww
    いえいえ、お粗末さまでした(汗)
    次回まで頑張りますw

    2011/08/26 21:09:31 甘菜

オススメ作品10/22

もっと見る

▲TOP