ブルーナイトエンド - 歌詞

投稿日:2022/05/25 21:42:49 | 文字数:300文字 | 閲覧数:13 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ブルーナイトエンドの歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

静けさから 別つ青
一雫が落ちる
優しさから滲む嘘       
底に沈め 微笑ってる

望んでた現実は 大きく喰い違って
期待してた分だけ   失望が高まった

輝きを放つ街中の景色が  今は眩しすぎて
寂しさの中で  湧き立つ思い出を
夜が飲み込んでく

瞬く星に  放った詩が
胸を焦がす未来(あす)と
依存の音を切り捨てた

立場の代替えなど いくらでもいるのだと
僕がいなくなっても 世界は回っていく

離れ空の下 幾つもの光を 今は見つめている
剥がれ落ちていく 破れた虚無感を
夜に溶かしていく


輝きを放つ街中の景色が 青い夜を描き
切なさの中で湧き立つ思い出が
夜に溶かされてく

ボカロ曲やオリジナル曲を作ってます。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • ブルーナイトエンド - オフボーカル音源

    by emasakiさん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP