雪の命(仮)

投稿日:2010/02/03 23:13:34 | 文字数:598文字 | 閲覧数:65 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

病気で余命は冬まで…でも、散歩の時に会った男の子を好きになってしまった…
という女の子をイメージした歌詞です。

曲をつけてくださる方募集中です。

そして、つかささんにイラストを描いて頂きました!
こんな駄作とは大違いの素晴らしい作品です。


.

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ひらり ひらり 舞い落ちる
雪の華は 私の命
ゆらり ゆらり 揺れまどう
私の心 1つの想い



貴方と初めて 出会ったのは
夏空の下 公園のベンチ
向日葵みたいな 君の笑顔
暖かくて でも 悲しそうだった

「好きな子に振られちゃった」って
涙を一粒 残して貴方は消えた


ひらり ひらり 舞い落ちる
貴方を探して 街を駆けたけれど
ゆらり ゆらり 貴方はもう
私の瞳では 見つけ出せないの



2度目の出会いは 偶然で
紅葉の嵐の 向こうの貴方
「久しぶり 覚えていますか」なんて
声をかけた 私が 馬鹿でした

「知らないな」 その一言で
私の恋心は 粉々に砕けた


ひらり ひらり 舞い落ちる
私のことなんか 覚えてるわけないね
ゆらり ゆらり 貴方の声
もう一度聞きたいけど もう聞こえないの



見えなくて 聞こえないけれど
でも 最後に1つだけ 叶えてほしいの
彼を呼んで 彼に会わせて


ぎゅっと握られた 私の右手
解らないけど 貴方なんでしょ?
意識が遠退く 伝えたかったの
「ひと目見たときから 好きでした」



ひらり ひらり 舞い落ちる
雪の華は 私の命
ゆらり ゆらり よかったよ
貴方に会えて 貴方に恋できて


ありがとう さようなら 愛しい貴方





.

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 雪の華

    by  殯さん

オススメ作品10/24

もっと見る

▲TOP