暁光

投稿日:2021/04/11 13:18:39 | 文字数:356文字 | 閲覧数:653 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

急な歌詞募集終了に行き場を失くした歌詞⑫

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

遠い空は澄んで 知らずと心弾んで

一つの出来事に笑うよりも
誰かを恨むのが遥かに多い

きっと 出ていたんだ
守りに入った顔
きっと 忘れていたんだ
在り方を

遠い空は澄んで 知らずと心弾んで
また 歩き出す
夢はまだ掌の上 取られないよう 守って
また 明日に託す

僕と花
どこへと飛ぶのかな
流されやすい 生き物

知らずと心弾んで 恋とか育んで
不幸せはいつの間にか霞むね

あの時の花束の意味が分かったんだ
魔法に掛かったんだ
羊になった僕に
手を引いてくれた
あなたしか見れずいた 

誰かになりたがった僕を 「そのままでいい」と
言ってくれたあなたを 好きになる理由になったよ

遠い空は澄んで 知らずと心弾んで
また 歩き出す
朝になれば訪れ 取られないよう 守って
もうすぐ あなたに会える

Messenger(メッセンジャー:伝令人)と申します!

普段はメビウスリング掲示板や群青堂で活動しております!

よろしくお願いします!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP