トオリヨ

投稿日:2015/08/01 17:53:10 | 文字数:652文字 | 閲覧数:1,974 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「さあ 夜を渡ったら、ここでさよならだね」

って君が残念そうに笑ったんだ
言い返せないで俯き残るは後悔ばかりだった


~戻る~


A


夏はいつも 予報ハズレの雨に打たされて、

「失敗したなあ」と笑う君は 僕にいつもはにかむから

一、二、三センチの距離を近付けない僕たちは
祭りを楽しみにしてたはずだよね


B


俯いてる僕は 何も言えないで涙浮かべ
君は優しい笑顔で 「最後だね」って

僕に近づいて言う

さんはい

サビ

手と手繋いだら 踊ろうよ!
君がほんとに 大好きだったんだ
目と目合わせたら あたしに言わせてね 最後の言の葉たちを
花火のリズムで 身体 揺らして
いちにい…、さっ ほら 手と手 繋いで

踊ろう

せーの 涙隠して 一二三!

せーのっ!

2A

次の日になって、起きてみても、君がいなくて

相変わらずセミは泣き続けているような 夏が 続く、なんて

突然の夕立でも君は笑わない

なんて 信じられない


誰かの声

そう 君もここをトオリヨ ほら ほら ほら!


ラスサビ


こっそり最後の夜を 楽しく踊ろう
ここでさよならなんだ
大きな夜に惑わされぬように
しっかり 目と目を 合わせて

さあ
手と手繋いだら 踊ろうよ!
君がほんとに
大好きだったんだ
やがて季節は巡るけれど 僕も
ここで止まるからね
君を忘れない 心 刻んで

いちにい、さっ ほら
手と手繋いで 飛ぼうよ
せーの 涙隠して 一二三
これでほんとにさよならだ 通れ

Composer / ソングライターマルチ
(ボーカル・ギター・ベース・キーボード・ドラムその他打ち込み)

ただの音ゲー好きです。
ボカロ曲を投稿しています。

email:mizki2525@yahoo.co.jp

音楽のご依頼、コラボ、MIXなど伺います。
(いまのところ多忙で、有償を優先させて頂いています。)

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP