月に兎

投稿日:2017/02/08 23:18:35 | 文字数:635文字 | 閲覧数:268 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

月に兎

夜が明ける 朝は立ち去る
僕らは噛み合わないね
この寒さ 震えていても
そこから見えはしないよ

さらら ひりり きらら くるる はらはら
ほら流れていく
コトノハの舟

届かずに消え行くもので
この宙 溢れているよ

独り見上げ 青い星回る
君がくれたのは笑顔だけ
泣き方もいまだにわからない僕は

「とおく はなれていたって
こころはいつもいっしょよ」
それじゃあ君のこと呼ぶから
応えてよ ねえ応えてよ

「さよなら」なんて言葉
交わしてもいないのに
ただ 遠ざかってく光が

ぬくもりの記憶たち
冷えきってポロポロと
砂になってく



残された 希望の種は
今でも この胸の中
いつかまた どこかで会うと
無邪気に君を信じた

どこに いるの こえを どうか きかせて
届かないのにね
虚空に満ちる

芽生えずにポロポロとまた
砂漠は 広がり出すの

独り見上げ 青い星回る
君のロケットはもう遠く
取り残された僕に名前は無い


「もし私達が滅んでも
あなたがここで見ていて
星が青くまた輝いて
いつかのように回るまで」


遠く 離れた場所から
君の旅を見送った
なんども君のこと呼ぶから
応えてよ ねえ応えてよ

「とおく はなれていたって
こころはいつもいっしょよ」
それじゃあ君のこと呼ぶから
応えてよ ねえ応えてよ

「さよなら」なんて言葉
交わしてもいないのに
ただ 遠ざかってく光が

青い星は回るよ
独りきりで見上げる
花咲く日まで

ボカロ曲作ってます。くだらないことは全力で( `・ㅂ・)و

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP