KAITOの種25(亜種注意)

投稿日:2009/09/22 23:47:01 | 文字数:1,932文字 | 閲覧数:156 | カテゴリ:小説

ライセンス:

Q、月見はいつでしょう?
A、九月中のどっかだろ。
……………お月見が書きたかったんだ……っ(逃走)
月見の日にちを知らなかったせいか全く月が出ていません。関係ないですか。すみません。

本当はまだ書きたいのですが現在の執筆速度だと色々きついので、ずっと予定していた話しを書き始めようと思います。秋を逃したら書けないんだ…。
……うぅ、暇がない…。



本家様はちゃんと月見出来たのでしょうか。
http://piapro.jp/content/?id=aa6z5yee9omge6m2&piapro=f87dbd4232bb0160e0ecdc6345bbf786&guid=on

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

満月の夜は星が少ない。月の光が星を飲み込んでしまうからだ。
ベランダで星を見上げながら三人でアイスを食べる。というか二人に食べさせる。
手摺りの上にいる二人が落ちないかと思いつつも、床だと高さ的に見にくそうなので仕方がない。なるべく大人しくしてもらおう。

「マスターっ」

先程からコウはアイスの催促ばかりだ。モカと半分ずつの予定だが、そろそろ食い過ぎな気がする。というか月を見ろ。
団子や芒を用意しているわけではないが今日はお月見だ。見事に丸くなっている月がいつもよりも綺麗に見えるような気がするのは単純なのだろうか。

「……………………綺麗……ですね………」

手摺りの上に座っているモカが呟く。コウと違いちゃんと月を見ているらしい。
ほら、コウも月を見ろ。綺麗だぞ。
言うが、コウは大きく口を開けて次のアイスを待っている。鳥の雛のようだ。
しかしこのままではもう一匹の分が無くなってしまうので無視して次の雛の口へと入れた。

「ちょっマスター!」

予想通りコウが怒る。
でも無視。

「なんでそーゆーことするんですかっ」

自分の食べた量を考えろ。後はモカの分だ。
今回のアイス、マカダミアナッツはわりとわかりやすい性格になった。からかいやすい単純な所がKAITOに近しいものを感じる。
ナッツ系のアイスは他に食べさせた事がないが、多分少しずつ違うのだろう。
マカダミアカラーなのか、とても表現のしづらい白系の色をしたコウがじたばたと怒る。

「ま、マスターがそのきならおれにもかんがえがありますよ…!」

頬を膨らませながらコウは座っているモカの手を取った。
何をする気だろう。

「モカ!いっしょにれいぞーこあさろうっ」

言ってコウはベランダの中へ飛び降りた。もちろんモカを道連れに。
おいコウっ…。
かなり高さがあるはずなのだが、見事に二人とも着地した。不意をつかれて飛び降りる形になったモカも一応大丈夫なようだ。
ではなくて。
一瞬にして家の中に走っていった二人を追いかけなくては。
走っているとはいえ小さいだけありすぐに追いつくはずだ。
冷蔵庫に向かうと、案の定コウが冷凍室を開けようと跳ねていた。

「…………………コウ………」
「モカっ、てつだって!」
「…………………無理…だと……」

思うけど、とモカが小さく続けた。
確かに無理だろう。
この冷蔵庫の冷凍室は引き出しタイプだ。手の届かない二人には開けれないだろう。
何も言わず近づくと、コウが半泣きで睨んできた。
…この程度で泣かないでほしい。
思いながら最後の一口のアイスをモカの目の前に差し出す。モカは少し困ったようなそぶりを見せたあと、口を開いて食べた。

「…っずるい!マスターおれのぶんは!?」

もうない。
半分以上コウが食べたくせにまだ足りないらしく、寝転がってじたばたと駄々を捏ね始めた。

「ずるいずるいずーるーい~!おれのアーイースー!!」

………五月蝿い。
諦めろ、ほとんどお前が食べたんだ。
しかし泣きわめくコウには聞こえないらしくおさまる気配がない。モカの呼びかけも耳に届いていないようだ。
あまりにも五月蝿いので一口だけでも食べさせて黙らせようかと思い冷凍室を開けるが、残念な事にマカダミアナッツはもうなかった。
まぁ普段あまり食べないから二個も三個も買ってるわけがないのだが。
コウ、ないから我慢しろ。
ないものはないのだから諦めてもらうしかない。
だが。

「かいにいきましょうマスター!」

…恐らく、言うタイミングを計っていたのだろう。
してやったり顔が逆にムカついてくる。
行かない。何時だと思ってるんだ。
ちらりと見ると時計は九時前をさしていた。こんな時間に出たくない。

「つきもきれいですし!ね!」

何がね!だ。
アイスばかりで見てなかったはずだが。いつ月を見ていたんだこいつは。
確かに月は綺麗だし、満月だから外も普段よりは明るい。二人は夜外に出たことなどないから面白いかもしれない。
しかし面倒臭い。アイスのためだけにこの時間に出たくない。
さてどうするか。

「………………行くん……です、か…?」

…行きたいか?
問うと僅かに逡巡し、こくりと頷いた。
横で成り行きを見ていたコウが期待に瞳を輝かせながら飛び起きた。
はぁ…。
仕方ない。たまにだし、行くか。
ため息をついて出かける準備を始める。後ろでコウが喜ぶ声が聞こえた。
全く…。
あまり甘やかしたくはないのだが、中々厳しくもなりきれない。難しいところだ。
自分の育て方に疑問を持ちながらも二人を肩に乗せて家を出る。
不思議な表情をした見事な満月が、こっちを見ていた。

自分の辞書には「自重」とか「遠慮」などの言葉が欠けている様です。


素敵なアイコン画像を予感子様からいただきました。
兄さん必死です。
ありがとうございましたー。



・思い出とオルゴール後書き
ここまで閲覧いただき、ありがとうございます。
何故ここに書いたかといいますと、あの場に余計な文を書きたくなかったのです。雰囲気を大事にしていたので、それを壊すことはしたくありませんでした。…まぁ壊れる程雰囲気が出ていたかわかりませんが。

このお話は所謂死ネタというものです。文をぼかしていますが、最後は二人とも亡くなっています。
始まりで作者である自分が「KAITOと種KAITOの違いを追求した一つの結果」と言いました。まさにその結果がこの終わり方です。
種KAITOは生きている。KAITOは生きていない。これがこのお話の大前提です。
だから種KAITOはマスターが死んだ後、天国まで追いかける事が出来るのです。

KAITOの亜種というからにはKAITOに似ている部分、KAITOと違う部分、両方ある筈だと思っていました。アイスが好きなところ、顔が似ているところ、マフラーをしているところ。皆似ています。
では違いは?と考えた時に先に述べたあの考えが出てきました。性格に関しては元が性格あるものではなく、それこそ好きな性格を創造出来るので省きました。うちの子設定とかありますしね。
そのほかにも違いはあると思います。成長すれば大きくなりますし。

自分の中で種KAITOは死ぬと霧散します。アイスから生まれたので最後は溶けてなくなるのでは、と思ったのです。
そしてもう一つ、マスターが死んだら種KAITOも死んでしまいます。
…この設定については「KAITOの種シリーズ」でいずれ出そうと思っています。

長々書きました。すみませんお喋りで。
いずれ修正して投稿し直そうと思っています。自分にとって大切なお話なので完璧にしたいのです(笑)
タグ、コメントありがとうございました。
特にタグは思い入れのある話なのでいい話と言われて嬉しかったです。…最後、ああなってしまいましたが、いい話だと思っていただければ幸いです。
まだまだ語りたいことはありますが、そろそろ失礼致します。
次はいつもの通り書きたいです。それからもうすぐチャラい種KAITOことモノの話を書きたいですね。…挑戦状の締切が迫っています(笑)

ここまで読んで下さって、ありがとうございました!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/20

もっと見る

▲TOP