独りで生きる苦しみなんて 歌詞

投稿日:2020/08/06 21:29:18 | 文字数:535文字 | 閲覧数:702 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

私の定位置はいつだって教室の窓側三列目
穏やかな風に目を細めたんだ
今私がこの窓に身を乗り出してみたなら
何人の人が気に留めるかな

西日のかかった校舎
放課後溢したソーダ
全部がフィクションみたいだ

独りで生きる苦しみなんて
今の君には分からないでしょう?
中途半端な共感なんて
胸を抉る凶器でしかない
何も知らないまま生きていろ!

私の定位置はいつだって教室の窓側三列目
穏やかな風に目を細めたんだ
「世界は教室だけじゃない」
言われたところでどうやって
ここから逃げればいいんだろう?

さも美しい花に囲まれて
独り萎れてくような
夏空 夕暮れに
花火が上がった
なんでだろう?
心が痛いよ

これが私の運命だとか
言われた方がまだ楽かもね
みんなと同じように生きてるだけ
生きずらいことに気づいただけ
何も知らないまま生きていたい

幽霊みたいな私はみんなの目に映らない
空気より透明だ
視線とか期待とかきっとね面倒だけれど
浴びてみたかったな

孤独に鳴り響いた私の下校の合図
先生、それじゃさようなら

私が望んでいた景色を
最後に見せてくれてありがとう
窓際の席は神様から
最初で最後の贈り物よ
ああみんなの目に囲まれている

これで私もクラスメイトね

投稿作品はすべて「歌ってみた」目的で自由に使っていただいて構いません。ただし、ニコニコ動画に投稿する際はコンテンツツリーの登録をお願いします。
CDなどその他の利用に関してはツイッターアカウント@Shi_no_musicのDMに一報ください。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 独りで生きる苦しみなんて インスト

    by shinoさん

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP