【VOCALOID頂上決戦 ~第二予選・インターネット~】

投稿日:2013/04/29 18:29:37 | 文字数:2,201文字 | 閲覧数:158 | カテゴリ:小説

ライセンス:

第二段投下。
がっくんタラシという^p^
今回は武力、というより情の方が目立ちましたねwww
さーせんw

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

2025年―――――

世界は、ある格闘技に萌えていた。
今や世界的な人気を誇る、VOCALOIDたちの戦いの幕が、今上がる――――



【VOCALOID頂上決戦 ~第二予選・インターネット~】



「さあ今回も始まりました!VOCALOID頂上決戦!今回も引き続き、実況は私MEIKO!解説には鏡音レン氏を迎えておりまーす!」
「えーよろしくおねがいしまーす」
観客からは何故か「レンきゅん」コールが鳴り響いてる。
「えーこのVOCALOID頂上決戦はぁ・・・説明めんどいし2回目だからいいよね☆そーれーよーりーもー!今回はゲストがいるんですよ!」
「へぇー、誰なんでしょうねぇ」
「では今回のゲスト!CULさん、どうぞー!」
MEIKOがそう言うと、入場口にスポットライトが当てられ、赤色の髪を上げた少女が入ってきた。
「どぉーもぉー!CULでぇす☆」
「いらっしゃーいCULちゃん!今回はCULちゃんの先輩たちが戦うわけなんだけども・・・正直誰が勝ちそう?」
「んー・・・リリ姉さんじゃないですか?男をぶっぱなしそうですしw」
「あのガチ百合野郎が」
「CULちゃんありがとーざいます!さて!レンの愚痴も聞こえてきたところで・・・第二予選の選手の登場です!盛大な拍手でお迎えしましょう!」
MEIKOの合図でラウンドの幕が上がり、4人の選手が登場した。


「北側からは神威がくぽ選手!今日は鞘の中にいつもの楽刀・美振ではなく、普通の木刀を納めています!」
「東側の幕の裏には・・・GUMI選手ですねぇ。頭の上のゴーグル・・・あれで攻撃するのでしょうか」
「西側にはLily選手です!今日はCDが異常に多くあります!」
「南側の幕にはリュウト選手・・・セコンドに赤い物体が・・・」
今日は何故かラウンド内に5人・・・赤いのは一体なんなんだ・・・。

「さあ選手が出揃いました!では・・・レディー、ゴー!」
MEIKOがゴングを鳴らした。
『うおらああああああああああああああああ!!!!』
Lilyの怒声が聞こえた。

アナウンス席から離れてここはラウンド内。
LilyはCDを敵に向けて投げつけていた・・・確実に《男》だけを狙って。
「ちょ、ちょっと・・・リリねぇちゃん、やめてよぉ・・・」
そう言いながら、リュウトは倒れた。
『開始一分で、リュウト選手が倒れたぁ!』
『さすがに5歳児に戦いはキツイですよぉwww』
『てかなんでCULさんじゃなくてリュウト選手が出場したんでしょうね・・・』
『さあ、ねw』

そんなのほほんな会話が聞こえる中、Lilyは焦っていた。
(なんで・・・がくぽはあのCDをかわせるの?)
試合が開始してから、LilyはCDをめちゃくちゃに投げつけていた。
リュウトこそ倒れたものの、がくぽは華麗な身のこなしでCDをかわしていた。
「もうっ!何でがくぽは倒れないのよぉ!」
「え?だって、ルカと戦いたいし」
即答だった。
『おおっとここでまさかの大胆告白!』
『そこまででも無いでしょw』
アナウンス席からそんな声が聞こえた。

そのころGUMIはというと・・・。
全くの無傷だった。
それもそのはず、誰もGUMIには攻撃を仕掛けなかったからだ。
自分の孤立感が元で、心のタガが外れた。
「早く・・・早く僕にも攻撃しろやこのガチ百合があああ!!」
そういいながら、ありったけの力でLilyを蹴った。
「GUMI・・・ちゃん?」
Lilyは心底驚いた表情をしていた。
「あ・・・リリちゃんごめん・・・。でも・・・。僕は、リリちゃんの気持ちには応えられない。僕は・・・お兄ちゃんのことが・・・」
「ああああ・・・・ああああああああああああああああああああああああ!?!?!?!?」
Lilyは、狂った。
「Lily・・・お前は・・・俺が始末をしてやる」
そういって、がくぽはLilyを木刀で切りつけた。

「Lily選手敗れたりー!」
「嘘!?最強だと思ってた!」
アナウンス席では2人の女子が勝手に盛り上がってる。
「まあ・・・敗因は女性がいた、ということでしょうね」
レンの的確な解説が入った。

「お兄ちゃん・・・僕・・・お兄ちゃんのことが・・・」
「待てGUMI、ここは戦場だ」
「でもっ!僕はお兄ちゃんのことが・・・大好きなの!」
ラウンド内は、いつの間にか告白場になっていた。
観客はしぃんと、その光景を見守っている。
「GUMI・・・ごめん、俺はその気持ちに応えられない・・・だから」
そういって、がくぽは、GUMIの額にキスをした。
「これで、我慢してくれないか?」
そして、寂しげな笑みをGUMIに送った。
「う・・・ん、ありがと、おにい・・・ちゃ・・・ん」
GUMIは倒れた。

「勝者決定!今回の勝者は神威がくぽ選手です!」
観客からは、「がっくーん!」と女性の声が聞こえてきた。
「いやー意外だねwまさかがくさんが勝つとはwww」
「レンさんは第二予選を見て、どう思いましたか?」
「あの女タラシが・・・じゃなくて、やっぱ力なのかなって」
「ありがとうございました。第二予選は、神威がくぽ選手の勝利でした!第三予選はAHSの代表が戦います!そのときまで!実況は私、MEIKOが、解説は鏡音レン、そしてゲストはCULちゃんでお送りしました!」

アイコンは桃城雫さんに描いて頂きました。

Lilyさんに恋をして早5年。
いろんなところに浮気しています。

下手の横好き。
物語もイラストもカバーもトクロも嗜む程度に。

では。

twitter:lily_suu528

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    がっくぅぅぅん!(((お前ホントまぢウザい

    このタラ(ry
    まぁルカと戦いたいよねーそれだけは分かります(((((うるせ

    2013/04/29 18:43:12 From  和壬

  • userIcon

    メッセージのお返し

    がっくん最強説www

    うん、タr(なんか言ったか((いえ何も
    というか頑張ってるルカを間近で見たいだけですこの茄子はw

    2013/04/29 19:10:14 すぅ

オススメ作品10/18

もっと見る

▲TOP