2 愛しき世界

投稿日:2018/09/15 20:50:38 | 文字数:308文字 | 閲覧数:20 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

※空色フィロソフィア収録曲

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

見え隠れする真偽とたわいのない毎日が
眼鏡の硝子と共に割れて飛ぶ
死を思えば生を乞い
生を思えば死を乞う日々
裏腹な気持ちは彼女の様だ
消え行くは黒い影とささやかに動く音
灯が問い掛けるささやかな秘密を
触らないで見つめないで
振りかざすその言葉
移り行く季節と共に出遭ってしまう二人
白く無垢な服で結末を迎えよう
今も尚赤く映る瞳の鮮やかさは
鼓動の音が谺する欠片達を有す
存在意義と本質多分同じだろう
曖昧に揺蕩う存在に
気付いたとしても羽は消えない
触らないで見つめないで
振りかざすその言葉
移り行く季節と共に出遇ってしまう二人
白く無垢な服で結末を迎えよう
未来を見据えたままで
報われるようにと願うだけさ

歌詞や音楽作ってます 作詞,作曲の依頼もしています また、イラスト,動画師の方募集してます! よろしくお願いします!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP