走れ太宰

投稿日:2017/11/17 19:01:21 | 文字数:622文字 | 閲覧数:1,542 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

ある朝起きたら太宰になっていた人の歌。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ある朝起きたら太宰になってゐた
昼夜問わず中也と争い
ひとまず小説を書いてはみたが
また落選 ギブミー頂戴芥川賞

人間失格 ロマネスク 八十八夜 きりぎりす

時は流れて
文学じゃ食えんのでラノベ書いてみた
文体古いと叩かれた
パンチラを文学的に描写すれば
「風立ちぬ、下着若干あらはなり。」

人間失格 ロマネスク 八十八夜 きりぎりす
手近な女性(ひと)捕まえて 玉川上水グッド・バイ

君文学こじらせたでしょ 君こそ太宰 君こそ堕罪
臍の緒みたく繋がれ 女生徒諸君沈み込め
君思春期に素晴らしきかの挫折胸に抱き
落丁乱丁繰り返す 愛とはどんなんだい?

選ばれてあることの恍惚と不安
七対三で不安が勝っちゃって
着物質屋へと恥にまみれて
泥臭いのは流行らん もういい歩けメロス

死にぞこなってるのさ 死にぞこなってるのさ
僕ら四六時中 死にぞこなって死にぞこなって
本棚混んでるのさ 魚の棚混んでるのさ
後悔なんてないさ

君文学こじらせたでしょ 君こそ太宰 君こそ堕罪
臍の緒みたく繋がれ 女生徒諸君沈み込め
君思春期に素晴らしきかの挫折胸に抱き
落丁乱丁繰り返す 愛とは? とは? とは?

1948 6月13日 何度でも時間は巻き戻る
もっとマシな結末書かせろ 加筆する修正する

君文学こじらせたでしょ 君こそ太宰 君こそ堕罪
思春期に素晴らしきかの挫折胸に抱き
落丁乱丁繰り返す あゐどんわなだゐ

桜桃香れば 筆先に花咲く

オリジナル曲を作っています。

主にロック系統です。

こちらTwitterです↓
http://twitter.com/edogawa_sampo

曲、詞を作っていく過程、日常的なことなどを書いてます。

というような塩梅で、よろしくお願いします。

もっと見る
▲TOP