あまみず

投稿日:2011/03/28 17:31:01 | 文字数:398文字 | 閲覧数:225 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「母さん水は甘いんか?」って
言ったぼくに苦い顔する
「水に味なんあるかいな」って
まともに聞いちゃくれなかった

排斥で成り立つ世界で
汚いほどに真白くなる水
いつかの誰かに伝えたいんだ
水にだって味があったって

「真の真水は甘いんや」、と
語る白髪のおっさんおって
炭酸抜けたラムネの瓶に
浮かぶように揺れた瑠璃色


「お前常識を知ってるか?」って
聞いたぼくに辛い顔した
「水に味なんあるかいな」って
バカにしたようにぼくを見た

配信で繋がる世界で
薄いほどに真白くなる縁
いつかの誰かの声を聞いたよ
水にだって味があったんだ


繰り返し巡り別れ繋ぐ
長い管を流れた水
塩素でごまかし要らないナイって
キレイに濁った水道水

「一昔前の水をやろうか」
くすぶる世界の緑へ


「真の真水は甘いんや」、と
語る白髪のおっさんおって
炭酸抜けたラムネの瓶に
浮かぶように揺れた瑠璃色

一色=いっしき
美しい言葉を泥臭く、吐いた言葉に貴さを

まいりすと。

http://www.nicovideo.jp/mylist/23916419
https://www.youtube.com/playlist?list=PLdYqNhjbUrkB0g9VOZpMJzHphiJNQPpPZ

ついったー

@IsshikiAlto

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    ネット社会のわびしさの対になる世界の表現が美しいですね。
    「浮かぶように揺れた瑠璃色」、「くすぶる世界の緑へ」いいなあ…
    それにしてもこのラムネのおっさん、私がうっすらと覚えている昭和の路地裏のひなびた風景から抜け出してきたような存在感。
    一色さんのような若い方がソレを表現してくれるのがとても頼もしいですw

    2011/03/30 00:37:03 From  ドグマ虫

もっと見る

▲TOP