玩具屋カイくんの販売日誌(143) デビちゃん誕生!

投稿日:2012/03/04 21:12:10 | 文字数:935文字 | 閲覧数:72 | カテゴリ:小説

ライセンス:

テトさんとりりィさんたちの新製品が生まれましたね。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

りりィさんの雑貨店「星を売る店・上海屋」。

レンくんとゆくりさんが、オーナーのりりィさんと話していた。

「彼女のたくらみ?」
金髪を掻きあげながら、りりィさんは答えた。
「ええ、モモさんの“ギャラリー・ゆうひ”で、景織子さんの原画展を観たとき、気付いたのよ」
「ふぅん」

二人の話を聞いていたゆくりさん。
カウンターの隅に、一体の人形が置いてあるのをみつけた。

「あら?これ、もしかして…」
それは、赤い髪の“小悪魔”のようなドールだった。

「これ、りりィさんが、テトさんと一緒に作っている新製品かしら?」


●テト・ドール、デビちゃん誕生!

「あ、わかっちゃった? そう。これが新しい“テト・ドール”なの」
りりィさんはそう言って、人形を抱き上げた。

「まだサンプルだけどね。これがテト・ドール、通称デビちゃん」

髪の毛が、赤いドリル型のツイン・テールをぶら下げた、小さい人形。
背中には、小さな黒い羽根が生えている。

彼女は説明した。
「新製品は、このデビちゃんと、ミク・デビル…通称ミクデビ。それと、天使のカイコちゃんがあるのよ」
「カイコちゃん?」
レンくんは聞いた。
「キディディ・ランドのカイさんをモデルにした、ダメな天使の女の子よ」

ゆくりさんは、それを聞いて笑った。
「楽しみねー。ミクさんがモデルの“ミクデビ”も、どんなのかなー?」


●“心”をもったドール…?

「そういえば、ミクさんって言えばね」
りりィさんはドールをカウンターに置いた。

「人形の話じゃなくて、本家本元のギャル社長のミクさんね、なんだか、スゴイ新製品を作り出したらしいのよ」
カウンターに両ひじを乗せて、彼女は話しはじめた。

「デビちゃんの制作の打ち合わせで、カイさんと会った時に、聞いた情報だけど」
「うん?」
「ミクさんが、友だちのデフォ子さんという人と一緒に、何か“発明”をしたらしいの」

「発明? へぇ、どんなの?」
2人は、身を乗り出した。

「発明品はね、ロボット…というか、一種のメカのドールなんだけど」
りりィさんは、人さし指を立てて言った。
「そのドールが、なんと“人格”、つまり“心”を、もっているんですって」((゜m゜;)

雑貨の仕事をしてます。
キャラクター雑貨がらみで、キャラクターも好きです。

音楽も好きですが、好きな曲の初音ミクバージョンを聴いて感心!
ボーカロイドを聴くようになりました。

機会があれば、いろいろ投稿したいと思ってます。
宜しくお願いします。

twitter http://twitter.com/tamaonion

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP