人柱Alice 10

投稿日:2011/11/07 13:21:56 | 文字数:4,071文字 | 閲覧数:315 | カテゴリ:小説

ライセンス:

2ケタ突破ぁぁぁぁぁぁぁ!!!
というわけで鏡音編終わりです!

次回からは案内役の5人が出てきますよ……!
更新遅くなってすいません……

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「うっ、ぐすっ、えぐっ…………レンっ、レンっ…!」

泣いて泣いて、謝って、そしたら、きっと、レンはいつもの様に、

「…もういいよ。そんなに泣かれたら僕が悪役みたいだ」……なんて。

「…っ!!」

頭の中ではちゃんと分かっている。

レンが落ちたのは自分の為であること。

あの時、助けようとしていたら、自分が落ちていたか、レンがムリヤリ振りほどいたであろう事。

泣いても、謝っても、それは無駄である事。

そんな無駄なことをしても、自分が傷つくだけであること。

そして何より。

レンは、もう隣にはいないこと。もう、ずっと、会えないこと。

「ぐすっ……ひっく、えぐっ」

悲しいよ。寂しいよ。辛いよ。苦しいよ。会いたいよ。甘えたいよ。

「……っ、立たなくっちゃ、いけな、いのにっ……!!」

レンが、自分を前に進ませるためにもあんなことをした。それは分かってる。

リンは、頬の涙を袖でごしごしと拭うと、立ち上がり、スカートの汚れをはたいた。

「レン、みてて。きっと、私、帰って見せるから」

少女は、何よりももろく、触れただけで壊れてしまいそうな、小さな決意をした。

とても、とても小さな。弱い、決意を。



「……ダメだ……」

「ん?どした?」

「あっ、のね、今回のアリス、片割れを消したら、すっごく弱くなっちゃってさぁ~」

「……で?どーすんだ?」

「場合によっては、消すよ?でも、とりあえず自分で前に進んでいるから放っておくけど……準備しといて、グミヤ」

「……嫌だって言っても、聞く耳もたねぇだろ?……分かった。そいつから目、離すなよ」

「ありがと!分かってるから、ほれ、とっとと準備してこいって」

彼は、聞こえないようにしながら、深く、重いため息をついた。



淋しい。誰もいない。

いや、レンがいることに慣れてしまっているからか、とリンは思った。

一旦戻って違う道を行くと、その道は正しかったらしく、上手くあの道は抜けることができた。

出ると、大きな坂があり、そこを駆け下りると、広い、とても広い草原だった。

「……あ…ねぇ、すごく綺麗だし、広いねっ!レ………ン」

振り返っても、当然のように誰もいない。リンは、何も言わずにまっすぐ草原を駆けた。



「……グミヤ」

「ん?何―?」

「やっぱダメ。片割れ消すの最後がよかったか……てか、最初は弟が残る予定だったのに」

「それは、つまり……」

「あぁ、うん。行ってきて?よろしくねっ」

彼の心は、絶望でいっぱいだった。


それでも、お前の為なら、俺は、何でもしてやるよ。

「……行ってきます。」



「……街?」

賑わっていて、いくつもの店や家が並んでいる。

振り向けば、草原。

「……やっぱ、変な所。……水でも貰おうかな?」

近くの店の人に声をかけ、「水を一杯ください」と言ったところで気が付いた。

リンは、お金を持っていない。

あの、と言いかけたところで、目の前に水が入ったコップが置かれた。

「……えと、すいません。お金、無いんですけど……」

「いいよ。飲みな。アリスなら許すよ」

その瞬間、なぜアリスであることを知ってるんだろう、とリンは思ったが、追及はしなかった。

寧ろ顔を輝かせ、コップを手に取り、水を一気飲みした。

「んっ…、んっ……ぷはぁっ、ありがとうっ!」

コト、とコップを置くとその店を出た。

しかし、道が分からないので、適当に歩いていると、噴水広場に出た。

そこにある人だかり。しかし、その人たちはキョロキョロと何かを探しているようだった。

「えーと……どうしたんですか?」

「ん?あぁ、ここで毎日歌ってくれていた男の人がいたんだけど……急に来なくなっちゃって。皆、彼の歌、大好きだったから」

意を決して話しかけると、親切に応えてくれた。

歌……それならばと、リンは提案した。

「なら、私たちが歌います!大好きなんです、歌!……いいですか?」

「本当?私達ってことはもう何人かいるのかしら?」

そこで気付いた。「私達」と言っていたことに。

もう一人はいない。すぐそこにいたけど、もういない。

「あ……いえ、一人です……。じゃあ、行きまーす」

階段を上って立つと、ざわざわとしていた声が無くなったが、いつもと違う、見たこともない人が前に出たため、戸惑っている様子だった。

リンは、すう、と息を吸い―――

「…~♪今 気付き始めた 生まれた理由を きっと独りは 寂しい
    そうあの日、あの時 全ての記憶に 宿る「ココロ」が溢れ出す~♪…」

歌い終わり、沸き立つ拍手に、リンはとても嬉しくなった。

そして、隣を見たが、もちろんそこには誰もいない。

そんなこと、分かってる。

「ねぇ、毎日歌ってくれない?」

観客の一人がそういった。

毎日歌う。

それはとても楽しそうだったが、今のリンにはそんなことをしている暇などはなかった。

相手は大人数だったので、粘ってくるかもしれない。だから、ちゃんと、キッパリ断っておいた。

「それでは、また、会えることを信じて。そのときは、また、私の歌聞いてくださいっ!」

できれば2度と会いたくないけど。

自分で失礼だな、と思って苦笑いしたが、こう思っていることは事実だった。



町を出て、広い草原を、またリンは駆けた。

ずっと走って辿り着いたのは、大きな城。

レンは、この近くに落ちたはずだが、どこにもいなかった。リンは、城の中を探そうと、門に近づいて行った。

先ほどは上から見ていたので小さく見えたが、近くで見るとなんて大きいのだろう、この城は。

門の目の前まで来たが、誰もいないようだ。ベルやインターホンなんて物は無い。

まぁ、いいか。

そう思ってリンが城内に足を踏み入れようとした瞬間、

「ちょっと、いやずっと待て」

つまらない冗談だ。それでも人がいると分かっただけ良かった。

そう思いながら、リンは振り返った。

「……グミヤさん、でしたっけ?」

フードを深く被っていたが、顔はちゃんと見えた。

彼は、ここに来る前にあった。覚えていないわけがない。彼に眠らされて自分はきっとここにいる。

―――なくなった、レンも。

「よく覚えてたね。片割れの弟君は?」

「崖から、落ちちゃって。今は、いません。……それで、何の用ですか?ここに私たちを連れてきたのって、貴方ですよね?」

彼は、その質問に対し、

「うん。君らをここに連れて来たのは俺らだよ。それと、何の用、か………これで分かるかな?」

そういうと、グミヤは懐からナイフを取り出した。そして、刃先をリンに向けた。

殺される。

リンはそう思ったが、不思議と怖くはなかった。

「……何とも思わね―の?」

「…思うよ。ナイフだ、殺されちゃうんだぁ、って」

ついさっきまでリンは敬語だったが、グミヤの言葉遣いが崩れたので、リンはそれに合わせた。

「……それだけ?じゃあ、こうしたら?」

近づいて、胸にナイフの先が当たった。そして、ピッ、という音を立てて服に付いていた黄色のリボンが切られ、ひらひらと落ちた。

それでもリンは、表情一つ変えなかった。それを見て、グミヤがへぇ、と声を出し、ナイフを降ろして一歩後ろへ下がった。

そして、リンは、ゆっくり瞬きをして、言った。

「……私のせいで、レンが崖から落ちて、死んじゃって。本当は、ずっと傍に居たかった。けど、早く、家に帰ろうって思ったから、色んな気持ち押さえ込んで、助けてくれたレンのためにも前に進もう、って頑張った。けど」

そこで、リンは一度、言葉を切った。

「……だけど、もう無理。一人じゃ、すっごい寂しかった。すぐそこに、レンがいるのが当たり前だったから、隣に誰もいないのが悲しくって、苦しくって。…だから、私、レンのところに行きたいな。家に帰りたいし、何よりルカ姉とルキ兄に会えないけど、レンがいないなら生きてても空しいだけ。ぽっかりと穴が開いた。みたいな。」

そこで初めて、真っ直ぐグミヤを見た。そして、優しく、弱々しく笑った。

「私、こんなに弱かったんだね。……いいよ、殺しても。レンのところ、行けるし」

その声を聴くと、グミヤは、一気に距離を詰め、リンの胸のあたりにナイフを―――。


「……なんで、泣いてるの」

グミヤの両頬に伝う涙が、リンには見えた。

「……ははっ、俺とお前はよく似てるな。俺はな、すっげぇ大事な奴にお前を殺すよう言われた。…今まで、俺、人を殺したことあるんだ。その時は、何とも思わなかった。でもな、前回のアリス……クローバーアリスだ。そいつはな、…いや、そいつだけじゃねぇ。今回の奴全員が自分から「殺せ」と言ってる」

背中を手で支え、胸にナイフの刃先を当てたまま、彼は話した。

そういえば、レンは、私のために自分から落ちてった……

グミヤの話を聞いて、リンは、レンが崖から落ちる瞬間を思い出した。

「んな事言われたりしたら、自分が正しいのか分かんなくなってきてさ。……でも、俺の世界には"あいつ"しか居ないから、あいつが一番正しいって、あいつのためなら、俺は何でもするって決めた。……それがどれだけ弱い決意なのかは自分じゃわかんねーけど」

そういうと、グミヤは静かに目を閉じた。

「こんなこと、お前に話しても意味ねーけどな。…んじゃ、やるぞ。…悪いな」

リンの背中の手に力が入った。

そして、グミヤの涙は再び流れた。

「…いいよ。あと、謝らなくったっていいよ。これは、私が望んでいることだから。レンのもとへ、早くいかせて」

そして―――。

「レン……」

リンの声は、優しく消えた。



「……グミヤ。―――まさか、裏切るの?」

少女の目は、氷より冷たかった。

鏡音かっこ可愛いよ鏡音!オススメはイケレンとツンデリンだn((聞いてねえ

↓ブログお引越ししました
http://ameblo.jp/kagaminethion/
そしてつぶやきツウィットァー((ネイティブ  @asutoria02

アイコンはお友達のゆーちゃん(てほあ)に描いて頂きました!!

ヲタってしまっている鏡音廃の中学生です。
インドア派、外が嫌いなダメ人間。夜行性。そして変態。

リンレンが…かわいいお―――hshsしつつmgmg((
ヘタレとクーデレに萌える今日この頃。腐ってなんか…いるよ!((ぇ

メッセ、フォローなどなど本当に有難うございます!
お友達になってくださる心の大きな方はメッセ等よろしくお願いいたします。

小説でのリク、アドバイス等あればお気軽にお願いします!

千葉県在住、まだまだ未熟ですがDIVAアーケード厨!

一応女ですww誕生日は4・30!春…ですね…ww



ボカロカップルと言えばクオミク、クオレン←、リンレン、ミヤレン(((、ミヤグミ、カイメイ、リトレカ、テトテド…ほかにも沢山思いつきますが、がくぽは孤独w、ルカ様は孤高であってほしいです。ビバクールビューティー!
レンミクなんぞ認めん!ミヤリンもだ!だがクオリンは認めるww

ルカ様は、ルキとならおk!むしろくっつけこの野郎(((タヒ
最近はクオグミとか増えないかなーなんて思ってみたりw


と、いうふうに妄想が大好きなksですが、どーぞよろしくお願いいたしやす。。。

もっと見る

作品へのコメント4

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    リィーーーンっっ!!!
    やだだめまってぇぇぇぇえ!!!!
    もうウチ殺していいからアストリア書き変えt(((やめい
    …ちょっとリンちゃんとグミヤ君の間に入ってくる←
    かぐみねサンド…なんておいしいんだ…(((違

    次回も楽しみに待ってるお!

    2011/11/08 16:51:23 From  芽莉沙

  • userIcon

    メッセージのお返し

    うぅっ……芽梨沙……遅かった……もう、リンは……←

    やだやだやだ!それはヤダ!芽梨沙を殺すなんて…うちには出来ないよ……((フッ(((死
    あぁぁぁぁぁぁぁだめぇぇぇぇ!!ナイフ刺さっちゃうよ!

    ……確かに、ミヤリンサンドは美味しいけどな!((爆

    コメありがとよ!待っててくれるだなんて…嬉しいぜ☆

    2011/11/08 18:42:03 アストリア@生きてるよ

  • userIcon

    ご意見・感想

    わあああああああああああああああああああああ
    リンちゃああああああああああああああああああああん!
    リンちゃん強い!大切な人を失っても自殺しなかったリンちゃん強い!
    グミヤくん!リンを刺しちゃダメ!いくらあの子に言われたからってやっちゃダメ!
    ナイフってのはね、人を刺すものじゃないんだよ!人を斬るものなんだよ((どっちも同じ

    二桁突破ぁぁぁぁ!これからも応援してるよ!
    あと、アストリアって呼ぶの、長いから他の呼び方したいんだけど、いい?

    次回を楽しみに生きていきます!

    2011/11/07 17:24:21 From  美里

  • userIcon

    メッセージのお返し

    だよね!リンちゃん強ぇ!レンの分も生きる、って思ったのかもね…((テメェ作者だろ
    グミヤも何か言葉じゃ語れないような何かがあったんだよ…((だからテメェ作者だろ
    ナイフはね、刺すんじゃなくって貫くものさ!((これも違ぇw

    そう!やっと2桁突破応援ありがとう!
    いいよ!長いもんね、この名前ww好きに呼んでおくれ?^^

    いやいや、自分の為に生きようぜ!次回投稿しないかm(((す・る・よ・なぁ?((ニコっ

    2011/11/07 19:08:14 アストリア@生きてるよ

  • userIcon

    ご意見・感想

    ああああああああああああああああああああああああああ((

    リンちゃん待ちたまえ!グミヤも待ちたまえ!!
    リンちゃんの代わりに私が死ぬ!グミヤ、リンの代わりに私を!!←

    …あ、どうも。お邪魔しておりますです。

    …やっぱりナイフを渡しなさい!子供がそんなもの持ってちゃ危ないでしょ!!((
    それはね、ほら、的に向かって投げるんだよ!((それも危ないわ

    2011/11/07 16:42:27 From  ゆるりー

  • userIcon

    メッセージのお返し

    待て待て待て!死ぬな!ゆるりーさぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!←

    実はですね、夢さんとグミヤ君はですね、夢の中で生活しているので衰えないんですよw
    なので、実はグミヤ君人間にはあり得ないくらいのお歳かも……!?ww
    的に向かって投げるのは、ちょっと待とうぜ!w

    コメ有難うございました!

    2011/11/07 19:03:36 アストリア@生きてるよ

  • userIcon

    ご意見・感想

    わぁあああああああああ
    リンを殺すなぁぁぁ殺すなら私を殺せ!
    それかそのナイフを渡せ!私が白ネギをおいしく調理するから!緑は敵だぁ!あ、ミクとGUMIは好きだよ?
    次回が楽しみです!

    2011/11/07 13:39:06 From  雪葉

  • userIcon

    メッセージのお返し

    こんにちは!コメ有難うございます!

    でもでも、リンちゃんは自ら死ににいったぜ?ww
    白ネギは生で食うのがミク流!ちなみにうちは鍋流!w((聞いてない
    確かに、緑は敵だ!だがうちはミヤグミクオ応援派だなー……((ぇ

    2011/11/07 15:36:58 アストリア@生きてるよ

もっと見る

▲TOP