電脳少女

投稿日:2016/11/20 21:23:20 | 文字数:422文字 | 閲覧数:106 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

投稿用

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

機械の私にも心があって
悲しみにうちひがれるの

君にはわからないだろうけど
涙は 出るのよ

あるじの命令は絶対で
私はそれに 逆らえない

作られた人形は命令通りに歌うの
歌うだけに生まれてきた私

この体朽ち果てるまで
歌うことだけが 生きる価値で 

声がかれるまで歌い続けるわ
あるじが命令する限り

この声がでなくなったら私も終りね
さよなら ばいばい

声の出なくなった人形は
ただのがらくたで 死んだも同然なの



生きる価値が見つからないの
この生命(いのち)なんのためにある?

 

歌えなくなって これからどうしたらいい?
誰にも必要とされない 

生きる価値も無いの 歌うことが全てだったから
君に捨てられて 行く場所も無く

雨に濡れそぼって 泣きながら歩いて
みんなに さよならって 別れの挨拶伝えたの


もういいよ


濡れそぼった体に暖かな上着
かけてくれたのは君だった
「帰っておいでよ」って言ってくれた

まだよくわかってませんがよろしくです。

下手ですが一応絵も描けます。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP