Bad ∞ End ∞ Night 2【自己解釈】

投稿日:2012/01/28 20:57:41 | 文字数:2,397文字 | 閲覧数:2,378 | カテゴリ:小説

ライセンス:

なんかがくルカが混ざりました。


本家様http://www.nicovideo.jp/watch/sm16702635

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

宴から一夜が明けた。
すっかり疲れ果てた私は、この屋敷に泊めてもらった。

そして、異変に気づいた。
いつのまにか眠っていたらしいのだが、目を開けても夜のままだった。
かなり眠っていたはずだが、一向に朝がこないのだ。


「あれぇ…?」


階段を降りる。


「…て、あんたは…」
「っちこそ…まえは…」


階段を降りる途中、『応接間』と書かれた部屋から声が聞こえた。
そっとドアの隙間から様子をうかがう。


「あんた、昨日扉壊したでしょ!?あれほど壊すなって言ったのに!!」
「ただ軽く蹴っただけで、木っ端微塵になるって予想できる奴がいると思いますか!?」
「そもそもあんた執事でしょ!?礼儀ってもんがあるでしょうよ!!」
「執事がみんなそうとは限りませんよ!?」
「だったら手で扉を開けなさいよ!!」
「ドアノブ壊れてましたけど何か!!」
「かといって蹴飛ばすことはないはずよ!!」
「あぁ!?そもそもなぁ…!!」


昨日の執事とお嬢様が、言い争いをしていた。


「そもそも、この間私のワインに睡眠薬なんか入れないでくれる!?」
「お前は嫌がるところが可愛いんだよ」


…あれ?話が…


「ていうかあんた、私の寝顔が見たかっただけでしょ!?」
「あ、バレた?」
「そうなの!?」
「いやぁ、本当可愛かった。無防備でしたねぇ」
「ちょ…あんたねぇ!!///」


おーい。お二人さん?


「あのまま襲ったら、どんなことになったかねぇ…」
「あんた本当に執事なの!?ていうか手出したの!?」
「出してねぇよ。寝てるルカは反応が無いからつまらん」
「…なるほど?起きてるときに襲おうっていうのカシラ…?」
「おぉー怖い怖い。冗談だって」
「嘘おっしゃい!!」


お嬢様(どうやらルカというらしい)がビンタをする。
…その手を、執事(神威っていうらしい)がいとも簡単に受け止める。


「…お嬢のお前が、俺に攻撃できるの?」
「あんたねぇ…そもそも、私に私語なんか使って…!!」
「いいじゃねぇか、二人でいるときぐらい」


もしかして、二人はドアが若干開いていることに気づかないの?
ていうかさっきからこの二人は…


「で…でもねあんた…」
「…少しは素直になったらどうだ?」
「あ…あのね…!!」
「落ち着け…って」


そしてじっと見ていると、神威さんは掴んだルカさんの手を引き、そのまま抱き寄せた。
…やべぇ、この二人デキてんじゃない?
リア充だねぇ。
見ててニヤニヤしてきたよ。


「ルカさんよ。元々俺達は幼馴染なんだから、そう固くならなくてもいいんだよ」
「…今は、立場が違うじゃない」
「まぁ確かにな。でも幼馴染であることは変わらないだろ」
「…否定はできない」
「まだ仲いいし?」
「否定はできない」
「俺もルカのこと好きだし?」
「…ノーコメント」
「ルカも俺のこと好きだし?」
「否定は…って何言わせる気!?あんたは昔から…」
「はいはい落ち着こうぜ、ツンルカさん」
「私はツンデレじゃない!!」
「はいはい」


なんかこのまま見てるのもアレだし、いい雰囲気のところをお邪魔するのもなんなんで、見なかったことにした。
いやぁ、ラブラブだねぇあの二人。
お似合いだったな、カメラあったら撮ってたのになぁ…

…いかんいかん。
私は今疑問があるんだった。

なんで夜のままだったんだろう?


昨日宴があった場所に行くと、そこには少年人形と少女人形がいた。


「ナヤンデルミタイダネ?」
「え?そんなことは…」
「秘密ヲ…」
「教エテアゲルヨ…?」
「え?」


なんでわかったんだろう。
ていうか秘密?
何かあるの?


「『時計ヲ見テゴラン…☆』」


言われて時計を見る。
それは…


「!?」



止まっていた。
時間が、進んでいない。


私は怖くなり、その場から逃げ出す。
手をドン、とついた場所は壁とは違う音がした。


「…これは」


隠し部屋があったのだ。
そしてそこに逃げ込む。


「重い~~~~」


案外、扉は重かった。
そして、その扉を開けると、そこには…


「なに、これ…」

「『Jesus、 jesuS!!』」


人形たちが後ろで何か叫んでいる。
何かは聞き取れなかった。
なぜなら、


そこにあったのは、棺の山だったのだ。
そして足音が聞こえて、振り返ると…
みんながいた。


「あらあら…」
「見てしまったね…」
「Danger!! dangeR!!」
「怖がらないで?♪」
「Where are you goinG??」
「おや、どこに行くのです?」


私は、その部屋から逃げ出した。


「「お待ちなさい」」



*



「どうするのよ、神威…逃げられたわよ?」
「ふむ…いつもの客なら、ここで逃げようとするけど、出られないよな…」


この館の新しい扉は、どうやら内側からは扉は開かないようだ。
外側からは鍵なしで入れるけど、内側からだと鍵がないと出られない。

でも、あいにく俺達も鍵の在り処を知らない。


「いつも通り、せっかく来て頂いた客だが、殺すしかないか…」


ここにある棺のほとんどは、その亡骸が入っている。


「でも、あの子はまだ『主役』よ?」
「台本通りに進むかな?あの子は、いつもの客とはあきらかに違う」
「今宵のEndinGはどうなるの?♪」
「わからない。全ては、あの子次第だ」


俺達も、客をこの手で殺めるのはもううんざりだ。
…となると、方法は一つ。


「あの子に、Happy enDを探してもらうしかないか…」
「デモ、アノコニデキルノ?」
「順番を間違えたら、あの子は終わりよ」
「そしてTrue enD…棺行き、か」

「…とにかく、追うわよ」

のほほんと生きる物書きです。
ギャグから真面目なものまでいろんなジャンルの小説を書いています。
…のはずが、最近はがくルカを書くことが多いです。


IN率低いです。
マイページ以外では「かなりあ荘」というコラボに出現します。

全体的にgdgdなものが多いです。
小説は、自己解釈もオリジナルもやってます。
だいたいはその場のノリで書いてます。

もっと見る

作品へのコメント2

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    ぽルカ2828(*´ω`*)
    ツンデレルカさん美味しいよ!((
    ミクさんどうなるんだ・・・?
    wktkしながら続きを待機しておく(`・ω・´)キリッ

    2012/01/29 06:45:34 From  姉音香凛

  • userIcon

    メッセージのお返し

    初めてツンデレルカさんが書けt((

    多分皆さんの予想とは違うものになるかと。

    2012/01/29 11:04:32 ゆるりー

  • userIcon

    ご意見・感想

    がくルカで村娘同様ニヤニヤしちゃったじゃないですかwww

    今回も面白かったです!続き楽しみにしてます!

    2012/01/28 21:05:44 From  リク

  • userIcon

    メッセージのお返し

    本当に妄想乙でs((
    この二人はイチャついてそうだったので。
    あと普段はこういうルカさん書けないのですが、たまにはこういうルカさんもいいn((黙

    ありがとうございます。頑張ります。
    …その前に、いろいろ書くものがありますが。

    2012/01/28 21:54:40 ゆるりー

もっと見る

▲TOP