花火があがる、今 歌詞

投稿日:2016/06/03 18:51:56 | 文字数:339文字 | 閲覧数:136 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

(たまやかきや 両国は賑ははし 霊弔ふなり)

隅田川にゆらぐさかさのまちが夜にぬれて
星空に都営銀河線がはしる!
夢をのせて
きみは南天の浴衣を身にまとってとてもかわいく笑うんだ…

花火があがる、今
きみがすきと言えたならば何か変わるかな
花火があがる、今
千の色の光がぼくらをつつみこんだんだ

たまや!

(はなゝゝかととろき散りゆくさまは儚けなり)

いつまでもこのまま手をつないで夜市をいこう
ぼくは君が笑うならわたあめくらいおごってあげたっていいよ

夏のしじまみじかすぎて君は遠いとなりどうし
幾千年たっても忘れないあの美しい花

花火があがる、いま
銀河線よ! 想いをはこんで君のもとへ
花火があがる、いま
時をとめて! まだ言えずにいる言葉がある

すきだ!

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 花火があがる、今 MP3

    by 平田義久さん

  • 花火があがる、今 オフヴォーカル

    by 平田義久さん

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP