海の詩 - Atlantis -

投稿日:2016/02/18 20:53:52 | 文字数:830文字 | 閲覧数:541 | カテゴリ:歌詞 | 全5バージョン

ライセンス:

つっきぃさんの【詞・絵募集】海の詩【歌詞応募11月25日〆】への応募作です。

http://piapro.jp/t/QW06

@歌詞について
古代文明が一夜にして消えたアトランティスの伝説から。
あんまりにもアトランティスアトランティス言ってるので、タイトルにもつけないとしまりが無くなってしまい、副題としてつけてみました。

人々の驕りにより海に沈められた大陸、
そこに囚われ生き続ける思念体の少女…みたいな設定。
確かにそこにあった歴史を、私達を忘れないでという祈りみたいなイメージです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

海の詩 - Atlantis -


解けない魔法に
閉ざされた王国の跡
青いカンテラに
灯された優しい詩(うた)よ…


さざめく水底
緩やかに時は流れ
揺らぎ光るクラゲが
照らす星の砂

沈黙が囁く声に
甦る儚い幻
遙か水面は遠く…

Atlantis この海は
眠る生命を抱く揺り籠
寂しいプラヌラ達
安らぎを求め漂いながら
夢を見ている


消せない傷痕
哀しみは今も胸に
白いマリンスノーが
視界を染めてく

鮮やかな記憶は途切れ
波の音(ね)に響いて砕けて
沈む忘却の果て

Atlantis Detritus
崩れゆく過去が積もる窓辺に
生と死は繰り返す
捧げる祈りは脆い泡沫
彼方へ昇れ


宛名さえわからない
ひび割れたボトルレター
ほどけた言葉を
拾い集め繋ぐ ソノリテ


Atlantis この園は
光降る空を忘れたままで
音の無い旋律に
目を閉じ耳を傾けて描く
紺碧の夢


-----------------------------------


とけないまほうに
とざされたおうこくのあと
あおいかんてらに
ともされたやさしいうたよ…


さざめくみなぞこ
おだやかにときはながれ
ゆらぎひかるくらげが
てらすほしのすな

ちんもくがささやくこえに
よみがえるはかないまぼろし
はるかみなもはとおく…

あとらんてぃす このうみは
ねむるせいめいをいだくゆりかご
さびしいぷらぬらたち
やすらぎをもとめただよいながら
ゆめをみている


けせないきずあと
かなしみはいまもむねに
しろいまりんすのーが
しかいをそめてく

あざやかなきおくはとぎれ
なみのねにひびいてくだけて
しずむぼうきゃくのはて

あとらんてぃす でとりたす
くずれゆくかこがつもるまどべに
せいとしはくりかえす
ささげるいのりはもろいうたかた
かなたへのぼれ


あてなさえわからない
ひびわれたぼとるれたー
ほどけたことばを
ひろいあつめつなぐ そのりて

ご依頼随時募集中。お気軽にご相談ください♪
タイトルに■は落選したもの、*はオリジナル作品なので、御一報下さればご自由にお使い頂けます。
*マイリス:http://www.nicovideo.jp/mylist/50109820
*twitter:@ibom_n

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    こんばんは!
    作詞して頂きありがとうございます!

    凄く神秘的な雰囲気と映像が浮かぶような歌詞で
    素敵だなぁと思いました♪

    締切日になりましたらまたご報告させて頂きますので、
    もうしばらくお待ちいただけると嬉しいです!

    2015/11/12 18:57:29 From  つっきぃ

  • 【オリジナル】海の詩【初音ミク】

    by つっきぃさん

もっと見る

▲TOP