愛色グラデーション

投稿日:2015/07/16 09:28:38 | 文字数:308文字 | 閲覧数:101 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

--いなくなってしまう前に、伝えれば良かった。--

SUKEさんの楽曲【http://piapro.jp/t/XFnu】への応募歌詞となります。

無償の愛を注いでくれる親の存在が消えた時、その存在の大きさに気付くのではないか…という事をベースに書きました。

※1番サビ,ラスサビのワンフレーズ目が、demoと音数が少し違っています。
また、ところどころ1音ズレがあります。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

あの頃 私はずっと
息が出来なくて 沈んで
荒む 心を抱きしめて
悲劇のヒロイン演じた

「止めてよ もう触れないで」
悲しそうな目で
見つめる そんな あなた
今更 思い出す

大きな愛に 包まれていたの
見えはしないでも感じていたから
いつから忘れていたのか
ごめんね
届かぬ 言の葉

生きるため 進み続ける
それが僕らの当たり前
だけど 心を抱きしめて
守る 勇気も必要で

夢の中でも 伝えたいよ
とめどなく 溢れ出してくる 今も
大丈夫と 強がるけど
あなたには 隠せないね

『愛してました』 どんな時も
揺るがない 存在が消えた 世界
「愛」の色した 夕焼け
一粒の想いが光る
あなたを忘れはしない

桜彩(みあ)といいます(^ ^)
作詞(たまに作曲)や歌を歌います。
Twitterアカウント
→@marble_mia
私の歌詞で作曲してくださる作曲者様、いつでもお待ちしております。
また、専属絵師様を探しております。
アイコン:藍姫様よりお借りしました

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/32

もっと見る

▲TOP