【自己解釈】GALLOWS BELL

投稿日:2011/04/05 19:44:10 | 文字数:592文字 | 閲覧数:223 | カテゴリ:小説

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

GALLOWS BELL!!

buzzGさん大好きなので書かせて頂きました!!

GALLOWS BELLを訳すと死刑台の鐘らしいです。あってるかな?

駄作でサーセンした(ry

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

――僕はどれだけの罪を犯したか。
何人の人を…死に至らせたか。


「聖夜くん、どうしたの?」

「ううん、何でもないよ。」

ダメだ。彼女を…ミクを誰にも渡したくない。

「ミクは…僕の過去のこと…その…」

「知ってる。でも私は聖夜のこと、軽蔑しないよ。だって聖夜は聖夜だもん。」

「ミク…ごめん。やっぱり僕…」

「泣かないで、私はきっと聖夜にこうされたいと望んだの。悔やまないで、すぐに会えるから…っ」

「ミク…僕は狂ってるのかな…?」

「大丈夫。狂ってなんかないと思うよ。少しだけ…アンリアルなんだよ。ただそれだけ。」


―ミクは僕の手によって息を引き取った。

「…っミクっ…」

僕は何度同じ過ちを犯すのだろう。





―それから僕は逮捕された。当たり前だ、あんなことをしたのだから。

僕は死刑が決まった。

冷たい鉄格子の部屋で僕は生きている。

「…ミク…この手は血でふやけて元には戻らないけど、悔やまない。すぐに会えるから…」

―あれ…?ミクはあの時、何て言ったんだっけ――?

「迷いも、後悔もないよ。少し…怖いけど…」

思い出せ…ミクは何て…
思い出せないことの方が…怖い。


―そうやっている内に死刑の時間になった。

僕は台の上に立った。
あ…思い出した…ミク…

死刑台の鐘がなる。

今、会いに行くよ…ミク。







fin.

ご訪問感謝しまぁす♪

小説オンリーで投稿してます(^^)/
よろしくですm(__)m

サムネはmunyo様に描いて頂きました!
素敵な絵をありがとうございました!
◇依頼させて頂いたコラボ様◇
http://piapro.jp/collabo/?id=13198&piapro=6iserd0irsm3f770r2st2mmhk6&guid=on
◇munyo様◇
http://piapro.jp/my_page/?pid=munyo&piapro=6iserd0irsm3f770r2st2mmhk6&guid=on

もっと見る

作品へのコメント2

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    読ませていただきました!

    この歌好きなんで嬉しいです(*^^*)

    感動しました(;_;)

    次の作品も楽しみです(*^-')b

    2011/04/05 20:39:29 From  檸檬飴

  • userIcon

    ご意見・感想

    読ませてもらったよ。
    「死刑台の鐘」って意味初めて知ったよ(^_^)
    少し悲しい話で感動した(T-T)
    次回作も期待しているねq(^-^q)

    2011/04/05 20:00:08 From  魔熊

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP