投稿日:2021/01/20 15:39:40 | 文字数:456文字 | 閲覧数:229 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

誰が命の価値を決めつけたの

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

この背の羽は生まれつきじゃない
曖昧な手足は貰い物じゃない
この花束は祝いの証じゃない
この泪はあなたに触れられない

一瞬の光は勝利の声じゃない
轟く音は歓声の便りじゃない
動かないのは決意ではなくて
あの時計の針と染み付いた影

誰がいけなかったの
誰が間違っていたの
誰が私とあなたを引き裂いたの
誰が正解だったの 誰が悪かったの
誰が命の価値を決めつけたの



新しい名前が生まれること
それが果てしなく繋がること
たったひとつが命を産むこと
たったひとつがそれを奪えること

ありふれた悲しい御話を
生んでしまった罪を擦りあった
白一枚を掲げる体が 貫かれないのは
世界の約束


誰も悪くないよ
誰もが震えながら
軽く儚い命を抱えていた
燃えていい夢など 離されていい掌など
ひとつもなかったのだ



何を守っていくの 何を語っていくの
ここに刻まれた言葉に嘘はないの

あんな空で火の鳥が飛ぶなら
幸せなど簡単には 産まれやしない
こんな手でそれさえ壊せるなら
誰かと繋いで塞いでおこう

作詞して、描いて、唄います

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP