シュレーディンガーの猫

投稿日:2010/01/11 11:04:21 | 文字数:678文字 | 閲覧数:141 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

某漫画を読んでいて思いつきました。
最後、箱開けちゃってますけど。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A  大切な人に 残った時間
  それは あまりにも 短すぎて
  零れる しずくを 見せぬように
  僕は あの人に 背を向けた

B  背を向ける前に 箱をかぶせた
  あの人が僕を 見られぬように
  僕があの人を 見られぬように
  かすかな 希望を 残すため

S  ああ あの人は 生きているのだろうか
  ああ もしかして 死んでいるのだろうか
  その どちらでも 無いのだろうかなんて
  箱の 外からは 分からない

--------------------------------------------------------------

A  大切な人に 残った時間
  それは もうすでに 無くなったので
  零れる しずくを 見せぬように
  僕は あの箱に 背を向けた
 
B  この箱の中に あの人がいる
  僕に一番に 愛された人
  僕を一番に 愛した人が
  かすかな 希望を 背負ってる

S  ああ あの人は 生きているのだろうか
  ああ もしかして 死んでいるのだろうか
  その どちらでも 無いのだろうかなんて
  箱の 外からは 分からない

--------------------------------------------------------------

C  箱の中から 声がする
  あの日のままの 声がする

S  ああ あの人は 生きているのだろうか
  ああ もしかして 死んでいるのだろうか
  その どちらでも 無いのだろうかなんて
  こんな 物体じゃ 分からない

基本的にROMってますです。

ぴくしぶ→http://www.pixiv.net/member.php?id=1520488

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP