君と不織布と春時雨

投稿日:2021/04/21 18:44:55 | 文字数:534文字 | 閲覧数:728 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

オリジナル曲「君と不織布と春時雨」の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

伝えたい言葉溢れてくるのに
あなたには何も伝えられないままで
話したい事がいくつもあるのに
口にも出せないで胸に閉まった

僕らはいつの日から
消えない重石を背負ってたんだろう
話せたらな 全て手放して
あなたに伸ばすこの手が
いつかあなたを壊しそうで
怖いのさ
ひどく優しいその声が

ねぇ今の僕らをつなぐ言葉って何だろう
恋人かな それともただの友達未満かな
ねぇ交わした約束 今も覚えているのなら
どうか安らかなあの日のように
他愛ない話を 聞かせてよ

どうしたの最近冷たいよねって
言えないままに気付けば季節も終わる
寂しいのに上手く伝えられないのは
あなたにも寂しい思いさせたから

これからの僕たちは別々の道をいくんだろう
分かってるよ きっとお互いに
それでも僕は今も首の皮1枚繋がった
この時が 続く事を願っている

ねぇ過去の僕らを繋いだ虹色の魔法
大人になる程に解けしまうみたいなんだ
ねぇもしも神様までこの歌が届くなら
何も知らないあの頃まで
僕たちをそっと送り出してよ

ねぇ今の僕らをつなぐ言葉って何だろう
恋人かな それともただの友達未満かな
ねぇ交わした約束 今も覚えているのなら
どうか安らかなあの日のように
他愛ない話を 聞かせてよ

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP