玩具屋カイくんの販売日誌(160)  デビちゃん、売り出し作戦開始 ~その5。

投稿日:2012/07/01 21:41:56 | 文字数:1,173文字 | 閲覧数:64 | カテゴリ:小説

ライセンス:

いちばんイヤな時に、まずいなと思う人と会うことって、ありますよね!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

雑貨店「ゆっくり」の店の前にやってきた、リンちゃんとモモちゃん。

2人は、店のドアを開けて、中に入ってみた。

雑貨に古書マンガ、アニメのDVD、キャラクター雑貨などが、いろいろと置いてある。

「いらっしゃいませ~」
店の奥から、のんびりした声が聞こえた。でも誰も出てこない。

「ゴメン、ちょっと手が離せないんで、おねがいー」
その声に応じて、1人の男の子が出てくる。

「いらっしゃいませ。あ!」
「あー!」
思わず、リンちゃんは目を見張った。

頭の上に針金で、丸い輪っかをぶら下げ、背中に天使の羽をつけた男の子。
それは、兄のレンくんだったのだ。

「レン、なにそのカッコ。なにやってんの?」

モモちゃんは、思わずつぶやいた。
「まるで、リアル天使みたいね…」


●“はっちゅーね”の打ち合わせ

そのころ。

「ニコニコ・デザイナーズ・ビレッジ」…通称「ニコビレ」にあるティールーム。
ここで、ミクちゃんと、デフォ子さんが、お茶を飲んでいた。

この施設は、新進デザイナーたちを支援して、仕事場を安く提供する場。
おおやけが、支援している施設なのだ。


「ニコビレ」に入居しているのが、デフォ子さん。
デザイナーながら、なぜか“奇妙”な商品を作り出してしまう

そして、いま、男子に圧倒的な人気を持つ、雑貨プランナーでギャル社長のミクちゃん。

2人が協力して作り上げたのが、フシギな人形、“はっちゅーね”だった。

“はっちゅーね”のこれからの計画について、ミクちゃんは打ち合わせのために、
この「ニコビレ」を訪れているのだ。


●“謎の声”を、聞きに行こうよ!

「このニコビレのさ、1階の奥に、私たちが良く使ってる、作業室があるんだよ」
飲みかけているグラスを置いて、デフォ子さんは言った。

「うん」
レモンソーダをストローで飲みながら、ミクちゃんはうなずく。

デフォ子さんは、コーヒーのソーダ割りをまた一口飲んで続ける。
「友達のルナさんが言うにはさ、その作業室で、なんか…“謎の声”が聞こえるんだって」

「え?ホント?」
ミクちゃんは、目を丸くした。でもどこか、面白そうだ。

「行ってみましょうよ!」
「いいよ。でも、これを飲んだらね」
デフォ子さんは、グラスをグッと空ける。

「ねえ、それ、美味しい?」
「うーん、イケる。アイスコーヒーのソーダ割り。ミクちゃんも飲む?」
ミクちゃんは、明るく断った。
「遠慮しとくネ」

「それにしてもさ…」
デフォ子さんがつぶやく。
「なんか、“はっちゅーね”に“ココロがある”なんていう人もいるしさ。入居してるココには、謎の声が聞こえるし」

彼女はミクちゃんと顔を見合わせて、言った。
「私たち、雑貨デザイナーだよね。…オカルト作家じゃないよね?」(;¬_¬)

雑貨の仕事をしてます。
キャラクター雑貨がらみで、キャラクターも好きです。

音楽も好きですが、好きな曲の初音ミクバージョンを聴いて感心!
ボーカロイドを聴くようになりました。

機会があれば、いろいろ投稿したいと思ってます。
宜しくお願いします。

twitter http://twitter.com/tamaonion

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    今晩は! 早速拝読させて頂きました!

    まずは前半、まさに”あー、逢っちゃった”って言う場面。レン君、もう開き直るしかないですよね。しかし相手がリンちゃんとモモちゃんとは…

    そして後半。なんと! はっちゅーねにオカルト的ウワサが! いや、その、リアル世界でのリアルミクさんの着ぐるみに、色々オカルトな個性があるだけに、このはっちゅーねさんも、もしかして…

    今回も楽しく読ませて頂きました。次回も楽しみにしておりますね♪

    ではでは~

    2012/07/01 22:35:05 From  enarin

  • userIcon

    メッセージのお返し

    有難うございます!

    >レン君、もう開き直るしかないですよね。

    そうですね(笑)
    開き直りがきっかけになって、その道に深く傾倒していく...というパターンもありですね。

    でもこのお話では、すでにKAITOさんという先達がいるので、それはやめましょう。

    >色々オカルトな個性があるだけに、このはっちゅーねさんも、もしかして…

    リアルっぽい設定と、イメージの世界(異界?)とのバランスを、どうしようかな、と考えてます。

    また感想を聞かせてください!

    それでは、また...

    2012/07/01 23:46:37 tamaonion

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP