葵 / 初音ミク

投稿日:2019/03/13 21:03:02 | 文字数:540文字 | 閲覧数:144 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

いつか遠い遠い明日に思い出すのは
二人なぞって描いた夏の原風景
君の笑った 泣いた 照れた
あの向日葵のような横顔を

防波堤沿いの道に重なり跳ねる影法師
見つけた近道もヒミツの合言葉も もう思い出せないまま
焼け付くような暑さも 耳を覆う蝉の声も
そこにあるすべてが二人の宝箱で 今じゃ魔法は解けてしまったな

仕舞い込んだ埃まみれの ガラクタみたいな絵本の中
開くのは何度違う夏を過ごしたっていつも決まって同じ
エンディングの1ページ手前

いつか手を引いて歩いた線路沿いも
灯りのない夜道で見上げた星空も
雨宿りしながら寄り添ったバス停も
手を振ったその姿も

今も遠い遠い明日に思い出すのは
二人なぞって描いた夏の原風景
君の笑った 泣いた 照れた
あの向日葵のような横顔を

「また明日ね」「約束だよ」
あの日の君がそう言って笑うから
「次は何をしようか」「何処へ行こうか」なんて
夢の終わりを思いもしなかったんだ

今も遠い遠い明日に思い出すのは
二人繋いだ指先の熱の行方
君が笑って 泣いて 照れた
あの物語の続きを 何度でも

いつも遠い遠い夏に思い出すのは
二人並んで描いた夢物語で
君の笑った 泣いた 照れた
あの向日葵のような横顔を

ニコニコ動画・YouTubeにボカロ曲を投稿してます。
ここでは曲のmp3ファイルやカラオケ音源などを配布予定。
使用の際はご一報いただければ幸いです。

よろしくお願いします٩( ᐛ )/

主な更新情報はTwitterにて → @saku_alnilam

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 葵 / 初音ミク

    by 八月朔ユウリさん

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP