海岸電車

投稿日:2019/05/19 20:26:31 | 文字数:353文字 | 閲覧数:9 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

波音入る電車の汽笛が鳴った 
ふと目が覚めて乗り過ごした
小さなため息と ぼんやりとリラの香り
降り立つ駅には にこやかな二人のなごり

きみ住む小樽を望むカフェで はじけるランチ 電車を見つめて
アオバトの声しない春先の 凛となびく風は 優しい匂い

永遠でいた 夏の海辺のように さざ波だけが包むような
あたたかいこのときを 大切にできるなら どんなことがあっても
きっとかなえられると

縮こまる17時の薄闇で きみよ誰そ わからなくなる
雪の下に埋もれた街にとどく わたし ひとり 歩を止め つたう泪


波音入る駅に電車が来ると
忘れたはずの君に問うた
「初めてこの駅で逢ったこと 覚えてますか」
答えはないまま 閉まるドア
さよなら 永久に...

泣きたくはなかった にじんだある晴れた真昼に

MEIKO派だけど、割とレンも多め。
8,90年代風の歌いやすいポップス、ロックをベースに、季節や気象、希望や苦痛、たまにレジスタンスな詞を書きます。

Twitter→karkar_khokkey

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 海岸電車

    by ほっけの干物さん

オススメ作品10/19

もっと見る

▲TOP