ダ・カーポ

投稿日:2021/12/06 21:38:44 | 文字数:424文字 | 閲覧数:22 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

巡り奏でる音が
胸の奥をそっと
柔らかく撫でた
刹那拡がる波紋
その形の名前は

優しくあろうとする
ささやかな気持ち
生まれるはずはないと
諦めていたのに

誰よりも近くで
花弁に似た笑みに触れ
純粋無垢なその瞳に
俺はどう映るのか
これからも傍で
見たいと願った
昨日よりも幸せな日のこと

五線譜を駆け回る
小さな音の精が
扉越し呼んだ
開け放たれた瞬間
現れた愛しい人は

壊したくはないのに
壊してしまいそうな
激しく熱を帯びる
想いをくれた

誰よりも近くで
花弁に似た笑みに触れ
純粋無垢なその瞳に
俺はどう映るのか
これからも傍で
見たいと願った
昨日よりも幸せな日のこと

強く抱きしめて
離したくはないと
告げたらどんな顔を
俺に向けるのか
叶うのならば
いつも通りの笑顔で
この手を掴んで…

誰よりも近くで
花弁に似た笑みに触れ
純粋無垢なその瞳に
俺はどう映るのか
これからも傍で
見たいと願った
昨日よりも幸せな日のこと

失恋・片想いの歌詞多め。
投稿した歌詞は常時、作曲募集
元ピアプロ名闇猫R

上手い下手とかじゃなくて、自分が書いた文章が好き。なので私は書く。他の、私の文章が好きな人と出会えますように。

※考えながら書く→読み直しなしで投稿のため、誤字脱字等は気づき次第修正

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP