狼戦士(ろうせんし)

投稿日:2013/04/04 20:02:03 | 文字数:427文字 | 閲覧数:784 | カテゴリ:歌詞 | 全3バージョン

ライセンス:

冒頭の「」は字幕表示でお願い致しますm(_ _)m

絶滅したと云われているニホンオオカミを
実は生きて未だ山を守っていて欲しいという
願いを込めて歌詞に致しました(*^_^*)
ひっそりと続くオオカミ信仰や長年に渡り
ニホンオオカミを探し続けている方もいらっしゃる
事を知り、薄れて行く見えざるモノや自然への感謝も
改めて考えながら、どうか生きてて欲しいと祈りと願望を
込めて書きました。
ボカロさんは、お任せ致しますm(_ _)m

読んで頂けたら嬉しいです(o^^o)

http://d.hatena.ne.jp/Loups-garous/20120415/1334577760
http://homepage3.nifty.com/~gekka/o_sinko.htm
http://m.youtube.com/watch?v=PVzljDmoPVs
動画イメージ↑
出来ましたらの希望なのですが、バックコーラスにオオカミの遠吠えに似せてLoneWolf
と入れて貰えたらかっこいいかな?って思っています(≧∇≦)

追伸
mixaitoさんに作曲して頂きました*\(^o^)/*
有難うございます(≧∇≦)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「大和を守りし 山の神 姿見せぬその者を 汝 獣と呼ぶなかれ」


見つめる先の あまりに遠き
気高き誇り 瞳(ひとみ)に宿し
一匹(ひとり)戦い 今も居る
神の化身か もののけか


月灯り 影、友にして
古(いにしえ)の 掟は何処(おきてはいずこ)
陽の光り 怒り鎮めて
古(いにしえ)の 畏れは何処(おそれはいずこ)


太古の血筋 切っ先にも似て
神の名を持つ 幻のまま
辻風起こし 風となり
二本足の 裏をかけ


月灯り 影、友にして
古(いにしえ)の 掟は何処(おきてはいずこ)
陽の光り 怒り鎮めて
古(いにしえ)の 畏れは何処(おそれはいずこ)


威厳のオーラ 毛先を覆い
神の力で 我が身を隠し
大和の誇り 種を守り(しゅをまもり)
篝火(かがりび)繋げ 狼戦士(ろうせんし)


月灯り 影、友にして
古(いにしえ)の 掟は何処(おきてはいずこ)
陽の光り 怒り鎮めて
古(いにしえ)の 畏れは何処(おそれはいずこ)
(繰り返し)

ボカロとホラー映画が大好きです!!

まだまだ初心者ですが、下手の横好きで歌詞を書いています^^
和風、民俗学、犯罪心理学、ゲームなども好きで多趣味です(*^^*)

いつか平沢進さんのような歌詞が書けたらいいなぁ(O_o)WAO!!!

作曲家様、絵師様、募集しております(o^^o)
練習用としてでも構いませんので、私の歌詞で
遊んで貰えると嬉しいです\(^O^)/

アイコンは宵凪さんに描いて頂きました~O(≧▽≦)O

気軽に声掛けて貰えると嬉しいです(*^^*)

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【KAITO】狼戦士

    by mixaitoさん

オススメ作品10/20

もっと見る

▲TOP