言葉に欲してもらいたかった

投稿日:2021/07/25 16:13:20 | 文字数:927文字 | 閲覧数:72 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

気持ちを使わない言葉のパズル
無限大の組み合わせ椅子取りゲーム
まるでほらあたかも支配者のように
そんな私のこと言葉は見つめている

最初はきっと笑顔だったかも知れない
当てはめて出来る世界が華やいで
スキップでリズム合わせるように
手を取り合って作り上げていた

今じゃもうベルトコンベア作業だ
迫り来る時間通り部品組み立てて
綺麗にそろいましたハイ完成ですって
言葉の色を見ないふりでうつむいたまま

いつしか言葉は私から逃げ出した
手を伸ばせばたちどころに消えていく
待って逃げないでお願いだからって
そんな声すらも私には残っていない


感情を伴わない文字の積み木
無尽蔵のパターン化虫食いゲーム
それはほらさながら保護者のように
こんな私のこと文字は眺めている

初めはもっと楽しかった気がする
割り振った不思議な世界が輝いて
手拍子で鼓動沿わせるように
ハイタッチで音を紡ぎ上げていた

気が付けばナットやボルト扱いだ
のしかかる締切通り部品くっつけて
基準に合格してるもう出荷ですって
文字の声に耳塞いで視線逸らせたまま

いきなり文字は私から行方不明だ
目を向ければ一瞬で姿くらます
なんで見えないよどこに行ったのって
そんな文字すらも私には見当たらない


泣き声もわめき声もなくなった
うずくまって落ち込む影も消える
足跡がなくなって足元が消えていく
指先が透けて虹彩が光を透過して

「ごめんね」と「大好きだよ」だけ置いて
静かに存在が世界から潰えていった

幻聴みたいな微かなざわめきたち
「ほんとうに?」って何度も何度も
返事する気持ちも資格も無いのに
今だってみんなを抱きしめたいって

存在しないはずのまぶたが開いて
ありえない数の言葉に囲まれて
数え切れない文字に見つめられて
流れないはずの涙が止まらなくなる

「しょうがないなぁ」って呆れて
「今回だけだよ」って苦笑いで
さっき置いた言葉が私を見つめる
夢みたいな二つだけのプレゼント


みんなに私はどう映ってるかな
まだ少しわがままに見えてたら
少しは反省するから言ってよね
またきらめく世界で遊ぼうよ

私を選んでくれてありがとうって
何度だって伝えたいんだから

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP